本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

浜名湖ガーデンパーク







ガーデンの美しさと花のボリューム、水辺の景色。どれをとっても素晴らしい公園。花博の跡地を再利用した優位性があるとはいえ、他の有料ガーデンがため息をついてしまうような美しさなのに無料とあって二重に驚きです。ボランティアの参加や地域の取組など、その他の部分も含め、新しいガーデンの形といえます

園内の地図(クリックすると拡大します)


前述のとおり、元々は2004年浜名湖花博の会場を再利用した形になっています。今回は南側から水路沿いに反時計回りで紹介します

南北に架かるエボ橋


バス停や駐車場から水路にかかる橋を渡ってアプローチします。広々とした景色です

ふれあい花壇


学校や企業などがオーナーになって管理を行っているガーデン。花の種類が似ているため個々の特徴は薄れますが、まとまりのあるガーデンになっています

花ひろばと展望塔、かえで橋


花ひろばでは春と秋にスケール感のある花畑を見ることができます。展望塔やかえで橋を背景にした景色がフォトジェニック

国際庭園



元は花博の海外出展作品。それぞれの個性的なガーデンを見ることができます

浜辺の散策路


浜名湖の浜辺に出て水辺の環境を観察することができます

花の美術館(花美の庭)



花博でモネの庭を模して作られたガーデン。ご覧のとおりの美しい花壇です。管理状態が非常に良いので、そのあたりも注目ポイント。デザイン自体は整形で好みは分かれるかもしれません

花の美術館の池


モネといえばやはり池と睡蓮ということで、奥側には周囲を巡れる池があります。初夏には橋やパーゴラにかけられたフジの花が綺麗です

クリスマスローズの小路(青いシクラメンの小径)


ちょっと分かりづらいところにありますが、早春〜初夏は雰囲気が良い小路。名前の通りクリスマスローズや、青いシクラメンがたくさん咲いています

百花園



日本や世界の園芸品種や、それにまつわる歴史や文化を紹介しているガーデン。こちらも花博時の展示を再利用しています。右下は恐竜時代から存在しているという「ジュラシックツリー」

東西水路による一体感


各ガーデンで開けた部分から見えるのは東西水路の景色。これが南北に分かれた園内に一体感を与えるのに役に立っています。水路を行き来するガーデンクルーズもあり、東西の端を結んでいるので花の美術館に直接行きたいときは便利(有料です)

花木園


早春から春に見頃を迎えるウメやサザンカ、ツバキなどの花木が植えられています。下草にシバザクラが咲きます

展望塔からの眺め


浜名湖や園内の景色が一望できる展望塔からの眺め。ここは有料施設です。花ひろばにできる地上絵が綺麗。今まで巡ってきたガーデンも見ることができます

イベント広場と体験学習館


様々なイベントに利用される両施設。他に屋外ステージや案内所などあります

場所 静岡県浜松市西区村櫛町
交通 電車:
JR東海道線「浜松」からバスで約50分
季節により臨時バスあり
車:
東名高速道路「浜松西IC」より約25分
浜名バイパス「坪井IC」より約15分
駐車場計1800台(無料)
入場料・休館日・開園時間は下記URLを参照
URL http://www.hamanako-gardenpark.jp/
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★★☆ ★★★ ★★ ★☆ ★★★★★
花博の跡地を再利用したとはいえ、花の美しさやボリューム、管理状態などが高次元で楽しめる公園。無料なのは元があるからと言えますが、この管理状態を維持するだけでも膨大な作業が必要でしょう。県やボランティア、地域の取組の賜物といえます。公園とはいえあくまでガーデン部分が主役。遊具のたぐいは少なく、自転車も禁止なのでゆっくり散策できるのは有難いです(百華園や花の美術館など狭いところではペットも禁止です)。東西を流れる水路がこのガーデンの大きな特徴で、所々に水辺を見渡せる場所を作り開放感と一体感、自然風の雰囲気を演出しています。花の美術館は植栽のデザインそのものより花色合わせの上手さや、管理状態の良さに目がいきます。百華園も個々に個性があって楽しいです
園内は広くゆっくり散策するなら2時間は欲しいところ。時間があまりないならガーデンクルーズを使って片道で見るのもよいでしょう
春や秋の休日や大型連休時はやや混み合いますが、園内は広く混雑感はかなり緩和されます
交通の便は、駅から遠く駐車場も大きい、車前提の立地でこの施設の大きな欠点といえます。バスの便もありますが本数は多くありません
注目の花:各種一年草、球根、宿根草、バラ、アジサイなど

戻ります