本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

白馬五竜高山植物園




長野県白馬村にある高山植物園。夏のスキー場の斜面を活用しています
各種高山植物はもちろん、ゴンドラでアクセスする非日常感と、展望の良さも見どころです

エスカルプラザ

ビジターセンターやレストラン、お土産屋コーナーなどが入る山麓側の中心施設。植物園の実質的な入場料であるテレキャビン(ゴンドラ)とアルプス展望リフトの料金はここで払います。足に自信があればアルプス展望リフトは乗らなくても鑑賞可能ですが、効率は悪くなります

テレキャビンのとおみ駅

ここからテレキャビンに乗車できます。約8分の空中散歩です

園内の地図(クリックすると拡大します)

山麓よりテレキャビンで一気に1500メートルの尾根上まで上がります
さらにアルプス展望リフトで上部まで上り、下りながら鑑賞するとよいでしょう

アルプス平駅

テレキャビンの山頂駅とレストラン。施設の中にはビジターセンターや休憩所があります
駅の前は広場になっていて、休憩や集合場所になっています

アルプス展望ペアリフト

植物園に入ったらまず、斜面を下りアルプス展望リフトに乗りましょう
リフトからは園路とは違う景色を見ることができます

アルプス展望リフト終点

植物園の最上部まで上ってきたことになります。ここから植物園斜面を下りながら鑑賞するのですが、天気の良い日はアルプス平自然遊歩道と地蔵ケルンを訪ねてみましょう。周遊30分程度です

アルプス平自然遊歩道

小さな湿原や、小さな沼のある自然遊歩道。道はしっかりしておりスニーカーでも問題ないです
花も見られますが、落葉樹の多い道で秋の紅葉が綺麗だそうです

地蔵の頭

よく晴れた日は北アルプスの眺めがよい地蔵の頭。地蔵ケルンが建ちます
ここからさらに小遠見山トレッキングルートにいたる道が伸びていますが、ハイキングの領域になります。一般の人はアルプス展望リフトの終点まで戻りましょう

シモツケソウ群生地

アルプス展望リフト終点から少し下ったところにあるシモツケソウ群生地
最盛期は例年7月下〜8月中旬。この植物園のメインともいえる花で、この時期だけ解放される散策ルートもあります

植物園上部付近

時間がない人のための直行ルートもありますが、花をたくさん見たければ斜めに伸びる道をジグザグに歩いていきましょう。この辺りはコマクサの群生地になっています。最盛期は7月で、シモツケソウに並ぶもうひとつのメインの花です。そのほかの花も背が低い花が多いです

白馬連峰高山植物生態園(ロックガーデン)

石を組んだ花壇に白馬連峰で見られる高山植物を植栽しています。白馬岳の花の多さは、比較的大きな規模で雪渓や雪田、風衝地など様々な環境がみられることから生まれたものなのでしょう
このあたりは眺めも良く開放感があります

スイスアルプス・ヒマラヤエリア(ロックガーデン)

ヒマラヤの青いケシやエーデルワイスなど外国の高山植物が植栽されたエリア。斜面がきつめなので花を間近に見ることができます。青いケシは7月が最盛期

植物園中段付近

比較的背の高い花が多くなる中段付近。水の流れがあったりと変化の楽しいエリアです

植物園下部

アルプス展望リフトの始点に行く際に見ることもできますが、最後に辿ってきた道を見上げるのも悪くないでしょう。意外と上部〜中部では見られなかった花も咲いています
ここで高山植物園の鑑賞は終わりです。テレキャビンで山麓まで戻りましょう

エスカルプラザ前のガーデン(水の流れ)

テレキャビンでエスカルプラザまで下りてきましたが、余裕があればエスカルプラザ前のガーデンも鑑賞するとよいでしょう。水の流れもあり雰囲気が良いです

エスカルプラザ前のガーデン(花畑)

ナチュラルガーデン風に植えられた花もきれい。さらに樹木やファニチャー等があれば…というところですが、スキー場ということで樹木の植栽等は難しいのかもしれません

場所 長野県北安曇野郡白馬村神城
交通 車:
長野自動車道「安曇野IC」から約1時間
上信越自動車道「長野IC」から約1時間
北陸自動車「糸魚川IC」から約1時間
駐車場600台(無料)
電車:
北陸新幹線「長野駅」より路線バスで約1時間「白馬五竜」下車、さらに徒歩約30分あるいはタクシー約5分
大糸線「神城駅」よりシャトルバス約5分(無料)
大糸線「神城駅」より徒歩約30分
大糸線「白馬駅」より花三昧バスで約30分「エスカルプラザ」下車すぐ
高速バス:
新宿⇔白馬間の高速バスで約5時間「白馬五竜」下車、さらに徒歩約30分あるいはタクシー約5分
※各路線は期間限定だったり、本数が少ないので事前によく確認のこと。上手に組み合わせれば花三昧バスが便利。白馬五竜バス停からも乗れるほか、近辺の観光地や花の名所も回れます。ただし期間限定です
入場料 無料(実質テレキャビンとリフトの料金に含まれる)
テレキャビン・アルプス展望リフトセット券
大人:2200円、子供1100円
テレキャビンのみ 大人:1800円、子供900円
アルプス展望リフトのみ 大人:500円、子供:250円
通常はセット券を購入すればよいでしょう
休園日 植物園の開園日は6月上旬〜11月上旬
期間内は無休
開園時間 テレキャビン 8:15〜16:30
(アルプス展望リフト 8:25〜16:15)
土日祝日や7・8月の花の最盛期には早朝運転日あり
10月中旬以降はリフトのみ運休
詳細は公式HPを確認のこと
HP http://www.hakubaescal.com/shokubutsuen/
My impression
マニア度  娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★★  ★★☆ ★☆ ★★★☆
夏には草原となるスキー場斜面を利用した高山植物園。ユリやラベンダーなどの大規模な単一の花園ではなく植物園なのがポイント。花好きのマニアにも嬉しい様々な種類の花が自然な雰囲気で咲いています
おすすめの季節はシモツケソウが咲き、全体的な花数も多い8月上〜中旬。コマクサや青いケシの咲く7月。花畑はないものの様々な種類の花が見たいなら6月も選択肢に入ります
単調な斜面にロックガーデンや水の流れ等、様々な趣向を凝らしているのは好感が持てますが、樹木等が少ないため変化に乏しい面は否めません。その分開放感があるので、眺めの良い日とそうでない日で印象に差ができやすいです。晴れの日を狙って訪れたいところ
ここまで植物園が発展したのなら、冬にスキー場として利用しない部分を使って変化のある園内にするのも楽しいのでは?と思います
アルプス平自然遊歩道は1周しても軽いハイキング程度ですが、紅葉の時期以外の眺めが悪い日は無理に巡らなくてもよいかもしれません
山麓のガーデンも綺麗なので時間があれば散策するのも楽しいです。また春にはかたくり苑も開かれます
園内はよく管理されています。係員さんも元気があって気分良いです
白馬は車でのアクセスに難があり、最寄りのインターからは時間がかかります。またバス等も本数が少なかったり時期が限定されていたりするので、事前の計画が大事。その分、霧ヶ峰等に比べると人は少なめです
日差しを遮るものがないので帽子や日焼け止め等の準備は忘れずに
○2015年8月上旬の様子
シモツケソウの群落が見ごろ。ほかにヤナギランやクガイソウ、各種ナデシコなどが咲き、最盛期ではないもののヒマラヤの青いケシやコマクサの名残の花が咲き園内は華やかでした。カライトソウはまだ早いです
これで北アルプス方面の展望が良ければ言うことなしなのですが、残念ながら山側のガスは取れませんでした
この日は非常に暑く、白馬山麓は東京よりも暑いのでは…という印象でしたが、夜の涼しい風に都会との環境の違いを実感しました
注目の花:シモツケソウ、コマクサ、カライトソウ、高山植物各種、紅葉

戻ります