本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

クレマチスの丘(ヴァンジ彫刻庭園美術館・クレマチスガーデン)





クレマチスの丘は美術館やレストランなどが集まった複合施設。ジュリアーノ・ヴァンジやベルナール・ビッフェの芸術、ピザやイタリア料理などが楽しめます。ここではヴァンジ彫刻庭園美術館内にあるクレマチスガーデンについて紹介します

クレマチスの丘案内図(クリックすると拡大します)


目当てのクレマチスガーデンはヴァンジ彫刻庭園美術館の中にあります

センターコートのチケットセンター


ヴァンジ彫刻庭園美術館入り口も兼ねているチケットセンター。周囲には花木も植えられています

庭園へ


チケットセンターから庭園に入ったところが美術館の一番高い所。全体を見渡すことができ、晴れた日には開放感抜群です

ボーダーガーデン


脇にはクレマチスを中心としたボーダーガーデンがあります

美術館本館


ここでいったん美術館の建物の中へ。内部の彫刻作品が観賞できます

クレマチスガーデン


美術館から外へ出ると、再び芝庭が広がるガーデンがあります。名の通りたくさんの品種が植えられています。全体で約200品種2000株ほどあるそうです

彫刻作品「天の階段」(左)、くすの木の丘(右)


庭園の中心には彫刻作品が。階段の下にも何かあるかも?
ほふく性のコニファーにクレマチスを絡ませるおもしろい仕立て方です

睡蓮の池


スイレンが植えられた円形の池。池の中心など、ちょっとした所に彫刻が置いてあります。建物から飛び出た庇の上にも何かありますね。ぜひ訪ねて見てみて下さい

石垣壁とバラとクレマチス


バラとクレマチスのコンビネーションが見られるガーデン。木立性のバラとクレマチスは定番の組み合わせで、やはりよく合いますね

ガーデナーズハウス(左)、ホワイトガーデン(右)

園内を眺めながらお茶や軽食を楽しめるガーデナーズハウスがあります。その隣には白い花が植えられた整形のホワイトガーデンが造られています

カナール(水路)


順路に従って進むと水が脇に流れる通路があります。刈り込みものの樹木と、草花やクレマチスがよく似合っています。ただ、ほぼ水路が直線のため存在感が弱く感じられます

イタリアンレストラン(リストランテ プリマヴェーラ)


美術館の雰囲気と調和したレストラン。コース料理なので気軽に入るというわけにはいきませんが、洒落た建物で庭園を眺めながらの食事も乙なものですね

フラワーショップと藤の花


美術館を出るとフラワーショップや雑貨店、気軽な雰囲気で本格ピザが食べられるレストランがあるので立ち寄ってみるとよいでしょう

場所 静岡県長泉町東野クレマチスの丘
交通 電車:
JR東海道線「三島」駅より無料シャトルバス約25分
車:
東名自動車道「裾野IC」より約20分
東名自動車道「沼津IC」より約10分
新東名自動車道「長泉沼津IC」より約8分
入場料 4〜10月:
大人1200円 高・大学生800円 小・中学生無料
11〜3月:
大人1000円 高・大学生500円 小・中学生無料
休館日 水曜日(祭日の場合は翌日※但しGW期間中は無休)
開園時間 10:00〜18:00(4〜8月)
10:00〜17:00(2〜3月、9〜10月)
10:00〜16:30(11〜翌1月)
いずれも入館は30分前まで
URL https://www.clematis-no-oka.co.jp/
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★★ ★★☆ ★★☆ ★★☆ ★★★☆
美術館内にあるメインをクレマチスに絞った珍しいガーデン。ガーデン自体のボリュームはそれほど広くはありませんが、クレマチス開花最盛期は見ごたえがあります。クレマチスの開花期間は長く、他の花とともに花を切らさないようにしていますが、やはり初夏が一番綺麗でバラとのコラボも見られるのでお勧めです
美術館内ということで上品な雰囲気があるのが良いと思います
屋外展示もあるため庭園のみ観賞の設定はありません
クレマチスの丘は複合施設になっているので、他にも美術館やレストランがあって半日は楽しめるでしょう
交通の便は駅からやや遠いですが、無料シャトルバスがそれなりの数で出ており悪くはありません
注目の花:クレマチス、バラ、各種宿根草

戻ります