本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

ブルーボネット






愛知県の名古屋港にある、やや狭いながらも日本屈指の美しいガーデン。ワイルドフラワーガーデンということですが、ナチュラルガーデンという方がより印象に近いかもしれません

入園口

ブルーボネット

西洋風の建物が目印です

園内の地図(クリックすると拡大します)

海のすぐそばに建てられた立地で、土日祝に限り水上バスも停まります

ウォールドガーデン

レンガの壁を背景にボーダーガーデンぽい構成のガーデン
裏側にあるごちゃごちゃした発電所の放水口を上手に隠しています

土壌加温フラワーガーデン

火力発電所の温排水を利用して土壌を暖めて季節外の花を咲かせるそうです
ときおり噴出する蒸気を見ることができます

花の谷

流れに沿って自然な雰囲気の花畑が続きます。小さな滝や木製の橋がアクセントです
一年草や球根植物を適度に混ぜて彩りを取り入れています

サニーハウス

ガラス張りの建物で休憩につかえます。中にはシンボルツリーのセンベルセコイアがあります

シーサイドガーデン

海に近い環境なので、樹木も海風に比較的強いものを使っています

ワイルドフラワーの里

季節ごとにワイルドフラワーが咲く丘
自然なお花畑を目指しているそうですが成功していると思います

モデルガーデン

細かく分かれたモデルガーデン。家庭の庭を模しているためかやや狭い空間になっています

コニファー&ロックガーデン・トピアリーガーデン

コニファーやトピアリーはよく管理されてほどよい大きさに

メドウガーデン

メドウとは牧草地のことだそう。昔の田園や川辺のような雰囲気がとても好ましいです

ジャパニーズガーデン

日本の花や植物を使ったガーデンです。少し地味ですがよく管理されています
日本の原風景を再現したミニチュアの展示もあります

コテージガーデン

小さな家にある自然風な庭を再現したガーデン。キッチンガーデンとハーブガーデン、カラースキームガーデンに分かれています。美しく管理されてよい雰囲気です

ブルーボネット

春から初夏に一番園内で見られる花は写真のアメリカ原産の一年草系のルピナス。英名の「ブルーボネット」とは女性の日よけの帽子からきているそうです。園の名前の由来にもなっています

センターハウス

ガーデンと調和した英国風の建物
おしゃれなレストランやガーデンショップなどが入っています

場所 名古屋市港区潮見町
交通 電車:
名古屋市営地下鉄「新瑞橋」駅より新瑞14系統バスなど
名古屋市営地下鉄「名古屋港駅」より水上バスもあり
※詳しくは公式HPで確認を
車:
東海環状自動車道「名港潮見IC」より約5分
無料駐車場あり
入場料 大人(大学生以上)300円 65歳以上200円
小中学生150円
開園時間 3月1日〜11月30日 9:30〜17:00
12月1日〜12月25日 9:30〜16:00
※季節によって別設定あり
休館日 毎週月曜日(祝日振替)
名古屋みなと祭開催日・冬季(12月26日〜翌2月末日)
URL http://www.wfg-bluebonnet.com/
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★★☆ ★★ ★★ ★☆ ★★★★★
あまり広くはありませんが、とても美しい個人的に一押しのナチュラルガーデン。自然な雰囲気のデザインされた庭が好みならきっと満足すると思います。花の大群落があるわけでも、おもしろいアトラクションがあるわけでもありませんが、こういった美しくデザインされたガーデンがもっと増えてほしいなと思います
これからもこのコンセプトを維持して頑張って欲しいです
交通の便がやや悪いのが唯一の欠点。駅からは遠く車で来るのが基本の立地ですがバスの便もあります。土日祝に限り水上バスの便もあります
○2015年5月上旬の様子
多くの一年草が咲き、アイリスやシランなど一部の宿根草が咲き始めています。チューリップはほぼ終了。久々に来てみましたが美しい景色に感嘆しました。東京にもぜひこんな施設が欲しい…
○2010年6月上旬の様子
バラや宿根草などの花の美しい季節。それを差し引いても美しくデザイン・管理されているのは好感が持てました
特に水の流れ周辺はかなり自分好みのガーデンです
注目の花:ルピナス、ワイルドフラワー、宿根草、一年草など

戻ります