本文へスキップ

庭園・ガーデン・植物園・花の名所の訪問記

庭園・ガーデン・植物園・花の名所の訪問記

熱海梅園






静岡県熱海市にある梅園。「日本一早咲きの梅」「日本一遅い紅葉」のキャッチフレーズのように、まだ寒さが抜けない時期に見頃を向かえる梅と、初冬の遅い紅葉が見所です

園内の地図(クリックすると拡大します)


初川の流れに沿って上流へ向かう細長い園内。順路に沿って歩けば効率よく回れます。今回は順路通り紹介します

管理事務所付近


梅園の正面入園口といえる管理事務所付近。梅まつり開催期間中は有料になるためチケットを購入して入園します。入園すぐは広場になっています。

漸住橋(ざんかばし)と、迎月橋(げいげつばし)


園内には梅園五橋と呼ばれる名所があります。いずれも初川の流れを渡ります。漸住橋の上からは紅葉が綺麗です。また、迎月橋のたもとにあるしだれ梅も見所です

中央広場


周囲をウメに囲まれた広場。出店やイベントなどが開かれることがあります

雙眉橋(そうびばし)


梅園五橋のひとつ。周辺は梅はあまりありませんが、モミジが多く紅葉の時期はとても綺麗です

駐杖橋(ちゅうじょうばし)


梅園五橋のひとつ。赤色の橋です。こちらも、梅より紅葉の時期の方が美しい

香浮橋(こうふばし)


梅園五橋のひとつ。周囲がウメに囲まれ、橋の中央からの眺めも良いです

梅見の滝


横に広く立派な滝。滝の裏側を通行でき、開いた穴から面白い景色を見ることができます

梅園橋


近年新設された橋。澤田政廣記念美術館との連絡橋になっています。見晴らしが良く、香浮橋を前景に園内全体を展望できます

澤田政廣記念美術館と、梅見の滝の上部からの展望


熱海市民であった芸術家の澤田政廣氏の作品が展示されています。梅まつり期間中は入園料で入館が無料になるので立ち寄ってみるとよいでしょう。また、美術館そばの梅見の滝の上部からは園内の景色を見渡せる場所があります

和風庭園と、足湯


規模は小さいですが、しだれ梅が綺麗な和風庭園。和風庭園の上部には梅やもみじまつり期間限定で開かれる足湯があります

韓国庭園


日韓首脳会談が開かれた際、両首脳が熱海梅園を訪れたことを記念し造られた韓国庭園。韓国の伝統的な庭園となっています

中山晋平記念館


作曲家の中山晋平氏が晩年過ごした熱海市内にあった住居を移築した記念館。二階からは園内の景色を見渡すことができます

見晴台


梅や、梅見の滝を見通せる展望台になっています。少しわかりづらい場所にあるので注意

香林亭と、売店


周囲の紅葉が綺麗な香林亭は、お茶会や休憩場所として使われています。また、まつりの期間中は売店や出店が開かれ、食事やお土産には困りません

來宮神社

梅園から徒歩10分程度の距離にある神社。ご神木の大楠(クス)が有名です。パワースポットとして紹介されることが多く、お洒落な店もあるので立ち寄ってみるとよいでしょう

來宮神社本殿


参道を通り、本殿へ。歴史のある神社ながらさわやかな雰囲気ですが、それは境内整備プロジェクトに寄るところが大きいです。詳しくは公式ホームページを参照ください

ご神木「大楠」


本殿左手奥にある、樹齢二千年を超える立派な天然記念物のクスノキ。パワースポットの名に恥じない素晴らしい存在感です

場所 静岡県熱海市梅園町
交通 電車:
JR伊東線「来宮」駅より徒歩10分
JR東海道本線・新幹線「熱海」駅からバス約15分「梅園」下車すぐ
車:
西湘バイパス「石橋」ICより約30分
伊豆縦貫自動車道「大場・函南」ICより約20分
臨時駐車場あり(有料)。ただし駐車台数は少ない
詳しくは公式HPを参照のこと
入場料・休館日・開園時間は下記URLを参照
URL https://www.ataminews.gr.jp/spot/105/
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★★ ★★★ ★★☆ ★★★
温暖な気候の熱海市にある見頃が早い梅園。例年2月中〜下旬ごろには最盛期を迎えるため、1年の最初に訪れる花の名所となる場合も多いでしょう。また、同様に紅葉も最後になるかもしれません。
園内は細長いので見所を巡りやすいです。また、道は勾配がありますが、上部での景色は量感があります。
管理状態は良好です。
園内はやや狭く団体客も多いため混雑感は強いです。滞在時間は梅を観賞するだけなら30分程度ですが、美術館や足湯、売店などにも寄りつつゆっくり巡りたいです。1時間半くらい楽しむつもりでよいでしょう。
交通の便は駅から歩いていけるため良いです。ただ、途中の坂道の勾配がきついので歩くのはやや大変。熱海駅からバスの便もあるので調べていくとよいでしょう。車の場合は最寄りのインターチェンジから遠く、駐車場も狭いため、土日の場合は多少の渋滞は覚悟しましょう。個人的には公共交通機関の利用を推奨します。
注目の花:ウメ、紅葉

戻ります