本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

とちぎ花センター





栃木県のみかも山公園のふもとにある植物園。大温室以外は無料で楽しめますが、見所の多くは大温室内にあります。また、みかも山はカタクリや山野草などが咲く花の名所として知られており、季節によってはそれら見頃の花を巡ってみるのもよいでしょう

みかも山公園駐車場からの入口


花センターの駐車場と、みかも山公園の駐車場があり、どちらからでも入れます

園内の地図(クリックすると拡大します)


園内はコンパクトにまとまっています

大花壇


扇状の斜面に季節ごとの花が植えられており、年三回程度植え替えられます。奥に見えるのは展示温室と体験温室で一部は内部を見学できます

展示温室


栃木県内で生産している改良品種や切花を紹介している展示温室

鑑賞大温室(とちはなちゃんドーム)


外の花壇や他の施設は無料で入れますが、ここだけ有料ゾーンになっています

温室内部、企画展示がお出迎え


最初の部屋は企画展示になっており、洋ランやアジサイなど美しい花が見られます

花木コーナーと下流池


水の流れをさかのぼるように順路が続く常設展示の温室内部。構成はシンプルながら、開放感があって広々としており、植物もよく管理されています

鈴なりのバナナとパパイアの実


展示植物はとても状態がよいです

ヒスイカズラ


美しい花色で人気が高いヒスイカズラもよく茂っています。見頃は春〜初夏

さばく室


湿った熱帯温室から一転、乾いた場所を好む植物の植えられたさばく室。2枚の葉で何千年も成長するというキソウテンガイなど変わった植物もあります

マロニエフラワー館


苗や資材の販売、園芸教室などが開かれる施設です

紅葉の始まったみかも山と、早春に咲くアズマイチゲ


みかも山公園はハイキングなどが楽しめる大きな公園になっています。春にはカタクリ、ニリンソウ、初夏にはヤマツツジ、夏にはアジサイやキツネノカミソリなどが見られます。また、みかもハーブ園や万葉庭園などもあり楽しめるでしょう

みかも山公園のカタクリの園と、万葉自然公園のカタクリの里


みかも山には様々な花が咲きますが、特に有名なのが春に咲くカタクリ。花センターから近いカタクリの園のほか、尾根道を歩いた先にある万葉自然公園のカタクリの里も綺麗です。ただ、尾根道はそれなりの傾斜のある山道なので、車や徒歩で迂回することも考慮しましょう

尾根道を登る階段と、山頂広場から見た夕日


尾根道は写真のような階段や傾斜のある登山道になっています。体力に自信がなければ、園内を走るフラワートレインを上手に活用しましょう

場所 栃木県下都賀郡岩舟町下津原
みかも山のふもとにあります
交通 車:
東北自動車道「佐野藤岡IC」から5分
電車:
JR栃木線「栃木」からふれあいバスで30分
入場料 入園は無料
温室入館料
大人400円、子供200円
休館日 6月〜2月は毎週月曜日(祝日振り替え)
年末年始
他メンテナンスの不定休あり、HPで確認を
開園時間 9:00〜17:00(3〜10月)
9:00〜16:30(11〜2月)
温室入館は閉館30分前まで
URL http://www.florence.jp/
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★★ ★☆ ★☆ ★☆ ★★★☆
コンパクトにまとまった施設。温室以外は無料で入れるので、気軽に見学することができますが、ここの魅力はやはり温室にあります。遠くから来た場合にはぜひ見学することをオススメします。温室自体はやや広めかな…といった感じですが、植物たちの状態がとてもよく、植物好きなら見ていて楽しくなると思います。
すぐそばにある、みかも山公園も一緒に楽しめるのは大きな魅力。ただ、頂上への道や尾根道は意外と距離も傾斜もあり安易に入ると大変です。有料になりますがフラワートレインに乗ることも考慮しましょう
カタクリの花が有名ですが、他にもハーブ園や万葉庭園などもあり、季節を変えて訪れてみるのもよいと思います
車で来ることが前提の立地で交通の便は良くありませんが、少ないながらもマイクロバスが駅から出ています
注目の花:熱帯植物。大花壇(花は毎年異なる)、カタクリ

戻ります