本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

新宿御苑






環境省直轄という珍しい公園。立地を考えると驚きの空間が広がります。サクラの名所として有名ですが、日本庭園や温室、紅葉、巨樹、自然風の林など見所も多く、広い園内の散策も楽しいです
安価ですが入場料が必要で、道具を使った遊びや自転車、ペット、アルコール類の持ち込み等が禁止されており比較的ゆったりと楽しむことができます
(ただしサクラの最盛期の土日の混雑は避けられません)

新宿門と大木戸門

入口は全部で3つ。こちらは新宿御苑前駅が最寄の新宿門と大木戸門。正門にあたる場所は普段は閉門しており、園の順序も特にないのでどの門から入っても問題ありません

千駄ヶ谷門

こちらは千駄ヶ谷駅や国立競技場前駅が最寄の千駄ヶ谷門

園内の地図(クリックすると拡大します)

広い園内は枝道が多く、順路も特にありません
上手に回れば2時間程度で全て見ることができますが、ゆっくり観賞しながら歩きたいところです
以下の紹介も園内のポイントごとになっており、この順番で見る必要はありません

イギリス風景庭園

樹木に囲まれた大きな芝生広場

大きな芝生広場の周りをサクラやユリノキ、ケヤキ、ハルニレなどの樹で囲んでいます
いわゆるイングリッシュガーデンとは違いデザインされた感じではありませんが、ダイナミックな光景が広がり、落葉樹が多い明るい雰囲気とともに開放感があります

サトザクラ


サクラが多く植えられていますが、その中でも特にサトザクラ類は素晴らしいものがあります
写真は左下は‘フクロウジュ’(4月中旬)、右下は‘ヨウコウ’(3月下旬)

ソメイヨシノ

ソメイヨシノも綺麗。最盛期はかなりの人出になります

秋の紅葉

落葉樹が多く秋の紅葉が綺麗。メタセコイアやイチョウ、カエデなどが色づきます

巨樹も魅力的

ひときわ目立つユリノキ。他にはハクモクレンやメタセコイア、ケヤキ、シラカシなどがあります

フランス式整形庭園

プラタナス並木とバラ花壇

フランス式整形庭園は綺麗に整備されていますがイギリス風景式庭園とは違って見所は少なめ
バラやツツジの咲く時期は楽しめると思います

日本庭園

旧御涼亭

明治時代後半から庭園として整備されたということで歴史は浅いですが、風格は十分
台湾在留邦人からの寄付で建設されたという中国風建築の御涼亭からは日本庭園の全景が眺められるので、まず寄ってみるといいでしょう

流れに沿って植栽された樹木と翔天亭

よく管理された庭園で、さすが国営という印象
庭園の中ごろにある翔天亭前は広場になっていて休憩できます

上ノ池

流れをさかのぼると大きな池にたどり着きます。池にかかる橋が見所
庭園全体としては御涼亭以外はオーソドックスな印象ですが、やはり管理状態がとても良いです

母と子の森

森の中の池と、ラクウショウの下に咲くオオアマナ

母と子の森は自然や生物と触れ合うことを目的に作られていますが、自然風の林として十分観賞価値があり散策するのも楽しい空間になっています

里山の森と、下草のラショウモンカズラ

武蔵野の雑木林といった雰囲気。土の道が足に優しいです
サクラや紅葉に目を奪われがちですが、山野草の咲く自然な雰囲気も評価したいです

大温室

温室全景と、熱帯地沼の植物

ガラス張りの温室。内部は立体的な動線になっています
特に絶滅危惧種の保存、展示に力を入れています

その他の見どころ

桜園地

ここは遅咲きのサトザクラよりもソメイヨシノなどの早〜中咲き種が多いです
見ごろの時期がズレるので、公式の最新開花情報を確認して出かけましょう

ツツジ山

斜面にツツジが植えられています。上にのぼると見晴らしもよいです。桜園地のすぐそばにあり、サクラとの共演も楽しめます。池の対面側から見るのも綺麗

モミジ山

春の新緑が綺麗。秋には紅葉も楽しめます

玉藻池と大木戸休憩所

江戸時代に完成した歴史の古い庭園「玉藻園」の一部が残されています
現在は先にあげた日本庭園に隠れて目立ちませんが、こちらもよく管理されています

場所 東京都新宿区内藤町
交通 電車:
東京メトロ丸の内線「新宿御苑前駅」徒歩5分(新宿門・大木戸門)
都営地下鉄新宿線「新宿三丁目駅」徒歩5分(新宿門)
JR総武線「千駄ヶ谷駅」徒歩5分(千駄ヶ谷門)
都営地下鉄大江戸線「国立競技場駅」徒歩5分(千駄ヶ谷門)
車:
これだけの良アクセスなので電車推奨ですが、大木戸門側に駐車場(200台、有料)もあります
入場料 大人200円 小・中学生50円
開園時間 9:00〜16:30(入場は16:00まで)
温室は9:30〜16:00(入場は15:30まで)
休館日 毎週月曜日(祝日振り替え) 年末年始
URL http://www.fng.or.jp/shinjuku/shinjuku-index.html
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★★ ★★★ ★★★ ★★★☆
とても広い園内。場所柄を考えればそれだけでも驚きの空間です。開けたところが多く一見公園風ですが、子供の遊具の類はほとんどなく「庭園」や「みどりの空間」としての個性を前面に出しています
ただ、デザインされた花壇などはあまりなく、サクラなどの花木の開花時期以外では地味な印象を持つかもしれません。草花類は少ないです
芝生部分が広く緩和はされていますが都心なのでかなり混雑します。特にサクラの開花時期は朝早く、または平日に出かけるなど工夫しましょう
遊具や自転車、ペット、アルコール類の持込が禁止なのは、ゆっくり散策したい向きにはありがたいです。国営公園はこのあたりがしっかりしている所が多く助かります
駐車場もありますが、公共交通機関のアクセスがとても良いです。無理して車で来る必要もないでしょう
 ○2016年4月中旬の様子
今年はやや開花が早く遅咲きのサトザクラが満開。ソメイヨシノは葉桜になっています。早咲きのツツジが満開で新緑も綺麗。以前はソメイヨシノが終われば混雑はそれほどでもなかったのですが、近年は、サトザクラの美しさが知れ渡った、あるいは外国人観光客の増加のためか、この時期も非常に混雑するようになりました。嬉しいような悲しいような…
○2014年3月下旬の様子
ソメイヨシノがほぼ満開。他の早〜中咲きのサクラも見ごろです
平日に寄ったのですが人がすごいです。休日は入場待ち確実でしょう
都心でこれだけ広く、綺麗な所はないので仕方ないでしょうね
○2013年11月下旬の様子
イチョウやメタセコイアの紅葉が見ごろ。カエデもほとんど見ごろでしたが、日当たりの悪いモミジ山はまだまだでした
サクラの時期に比べれば混雑はそれほどでもありません
○2013年4月中旬の様子
遅咲きのサトザクラが満開。新宿御苑が一番美しい季節といえましょう
早咲きはもちろん、中咲きのソメイヨシノも葉桜になっています
早咲きのツツジが満開。新緑も綺麗です
ちょっとぼってりした八重咲きのサクラは好みが分かれますが、ソメイヨシノの開花時期に比べれば、ゆっくり散策できるのでサトザクラの時期はオススメです
注目の花:サクラ(ソメイヨシノ・サトザクラ)、キク、花木類、巨樹など

戻ります