本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

大宮盆栽美術館


盆栽業者の多い大宮盆栽村の近くにある、公営の盆栽美術館です
館内の写真撮影が一部の場所に限られるため簡単に紹介します
(写真の盆栽は 蝦夷松 銘「轟」)

美術館入口とエントランスロビー

入口から和風建築の美術館に入ります。エントランスロビーには季節の一鉢置かれています。エントランスロビー内は写真撮影可能です
順路はまず常設展示室の細長いギャラリーに進みます。盆栽の歴史や解説、格式に応じた座敷飾りなどを鑑賞できます。写真撮影は不可です

今日の一枚(撮影コーナー)

ギャラリーから中庭に出ると写真撮影ができる一角が設けられています。美術館の雰囲気を守るということと、写真撮影したいという思いの折衷案でしょうか
もちろん写真撮影可能です。展示は季節で入れ替わります

盆栽庭園(盆栽テラスより)

中庭は常時40〜50点の盆栽が展示された盆栽庭園になっています。美術館のメイン展示で、いろいろな方向から盆栽を見ることができます。中庭内での写真撮影は不可。盆栽テラスやエントランスロビーから撮影できます。写真右は美術館最大の盆栽 五葉松 銘「千代の松」

盆栽村の蔓青園。他にもいくつか盆栽業者があります

周囲には盆栽村の盆栽業者がいくつかあるので寄り道してみるのもよいでしょう
基本的に営業しているなら入場できますが、写真撮影は不可です

盆彩四季の家(休憩施設)

盆彩四季の家は散策の際の休憩施設(盆栽に関する展示はありません)
周辺散策の際、一休みする場所として覚えておくとよいでしょう

場所 埼玉県さいたま市北区土呂町
交通 電車:
JR宇都宮線「土呂駅」下車 徒歩5分
東武野田線「大宮公園駅」下車 徒歩10分
車:
首都高速埼玉新都心線「新都心西」出口より約10分
東北自動車道「岩槻」出口より約15分
駐車場39台(2時間まで無料)
入場料 一般:300円
高大生・65歳以上:150円
小学生・中学生:100円
開園時間 9:00〜16:30(3月〜10月)
9:00〜16:00(11月〜2月)
休館日 木曜(祭日は開園)、年末年始、展示替え期間
HP http://www.bonsai-art-museum.jp/
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★☆ ★☆ ★☆ ★★★ ★★★
盆栽の美術館という興味深い施設
雰囲気はしっかりと美術館の趣でガーデンという感じはありません
上品な雰囲気や、美術館のコンセプトも良いと思います
ただ館内は狭く、もう少し展示のボリュームが欲しいのが正直なところ
ゆっくり見ても30分といったところです
写真撮影の可否は確認のこと。ロビー、撮影コーナー、盆栽テラスが撮影可能と覚えればよいでしょう
駅からも近く、駐車場もあるので車で来ることも可能です
○2014年8月中旬の様子
盆栽は松などの葉ものが主役
夏の埼玉はやはり暑く、中庭では日傘を差しての鑑賞になりました
次回は花や紅葉の時期にも訪れてみたいです
注目の花:各種盆栽

戻ります