本文へスキップ

庭園・ガーデン・植物園・花の名所の訪問記

庭園・ガーデン・植物園・花の名所の訪問記

毛越寺の浄土庭園






毛越寺(もうつうじ)は岩手県平泉町にある特別史跡・特別名勝の寺。また、世界文化遺産にも登録されています。かつて境内には多くの堂舎が並び、浄土庭園が配されていましたが、当時の堂舎はほぼ焼失しています。ただ、それらの遺構が良好な状態で残されており、大泉が池をはじめとした浄土庭園の大部分は修復整備されています

拝観券発行所


立派な和風の建物。こちらで入場料を払って境内に入ります

境内入ってすぐの広場


境内に入ってすぐの広場。お寺らしく手水舎やお守り等の授与場所があります。宝物館もありますが、帰りに立ち寄るとよいでしょう。周辺の松と紅葉が綺麗です

本堂


毛越寺の本坊。本尊の薬師如来が安置されています。庭園を巡る前にお参りしていきましょう。
本堂わきの通路には、秋にハギの花が咲きます

境内の復元地図(クリックすると大きくなります)


ここから先を巡る前に、堂舎が焼失する前は、境内がどのような姿であったかを知るのがよいと思います。写真は境内に掲げられている当時の境内の復元図です

南大門跡


毛越寺の正門の遺構で、礎石12個が残されています。現在では、境内に入って最初に大きく大泉が池の景色が望める場所になっています

大泉が池(おおいずみがいけ)


浄土庭園の大半を占める、海を表現した大きな池。周囲には州浜や荒磯、築山などが配されています

築山


海岸に迫る岩山を表現した築山。池に向かって伸びるマツも見所です

開山堂


毛越寺を開山した慈覚大師をおまつりするお堂。手前のアヤメ園には明治神宮から株分けされたハナショウブが咲きます。開花期は例年6月下旬から7月上旬ごろ

開山堂の左側にある谷間の菖蒲田


開山堂左側の谷間のようになった場所にもハナショウブが咲きます。また、規模は小さいですがハスの花も見られます

経楼跡付近


経文を収めた建物があった経楼跡付近。このあたりは大泉が池に沿った道で、変化する池の景色を眺められます

金堂円隆寺跡


毛越寺の中心的存在であった伽藍の跡。今は盛り土状になっているだけですが、南大門と池に浮かぶ中島との直線上にあり、当時は橋で池を渡って金堂にお参りできました。上記にある復元図と見比べてみると発見があるでしょう

遣水(やりみず)


発掘調査中に往時の姿のまま発見された遣水。山水を池に取り入れるための水路ですが、斜面を滝状にし、流れを蛇行させることで川の流れを表現しています。水底に玉石を敷き詰めるなどの技法は、日本最古の作庭書である「作庭記」に記されているもので、現存する貴重な遺構となっています。少し離れた園路から眺める形になり、流れの近くで観賞することはできません。
周囲にはモミジが多く植えられており、秋の紅葉が見所です

鐘楼跡


鐘楼跡。池に突き出したようになっており、広く景色を眺められ、橋の遺構もよくわかります。池にかかっていた橋の姿が想像できるかのようです

常行堂


江戸時代に再建された常行堂。現存する建物の中でも古いものです。手前の道には秋にハギの花が見られます。また、周辺の秋の紅葉も綺麗です

州浜


海岸にある砂州を表現しています。優美な曲線で入江の形を作り出しています。遣水同様、近くで観賞することはできず、園路から遠目で眺められます

出島と池中立石(ちちゅうたていし)


荒磯を表現した石組み。飛島にある高さ2.5mの立石が目立ちます。見る場所によって立石の角度が変化するのもポイント。象徴的な姿で、毛越寺を代表する景観となっています

宝物殿


仏像や書籍、発掘品などを陳列した宝物殿。追加料金はないので時間があれば見学していきましょう。庭園についても解説があります。また、一階部分は雨が当たらない休憩所になっているので、最後に一息ついていくのも良いでしょう

観自在王院跡


毛越寺の隣にあった寺院跡。こちらも発掘調査で発見された遺構をもとに復元修復された浄土庭園があり、セットで観賞するとよいでしょう。特にハギや紅葉の季節は見所が多いです

中尊寺


平泉まで来たら、一度は中尊寺にも立ち寄ってみましょう。金色堂をはじめとした、多くの国宝や重要文化財を観賞できます。特に紅葉の時期はとても美しいです

場所 岩手県平泉町字大沢
交通 ■公共交通機関
JR「平泉」駅から徒歩約10分。
JR「平泉」駅から循環バスで約3分。
■車
東北自動車道「平泉前沢IC」より約10分
東北自動車道「一関IC」より約15分
駐車場あり(有料)
入場料・休館日・開園時間は下記URLを参照
URL https://www.motsuji.or.jp/
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★★ ★☆ ★★★ ★★★
奥州藤原氏の栄華を伝える広大な浄土庭園。ただ、当時の堂舎はすべて焼失し、再建された建物も少ないです。庭園の遺構は大部分が復元されていますが、堂舎もあっての庭園とみるか、それとも諸行無常の結果としての現在の姿とみるかで評価も分かれそうです。個人的には、現在の姿も良いとは思うものの、少し物足りない部分もあるのが本音です。池にかかっていた橋だけは再建してもよいのではないでしょうか。
大きな見所は紅葉で、モミジの本数が多く、寒冷地のためか非常に発色が良いです。他にはハナショウブやハギの花も見所です。ただ、浄土庭園の雰囲気を味わいたいだけなら、どの季節に訪れても楽しめるでしょう。
境内は広く、行楽シーズンでも酷く混雑することは少ないです。ただ、紅葉の最盛期は団体客も多くなり、やや混雑します。
管理状態は良好、管理者の印象も良好です。
公共交通機関利用の場合、駅から歩いて行けるため非常に良いです。さらに循環バスやレンタサイクルなど他の選択肢も色々あります。
車の場合、広い駐車場があり、困ることは少ないでしょう。
注目の花(色付き文字は特におすすめ)
初夏:新緑、ハナショウブ
秋:ハギ
晩秋:紅葉

戻ります