本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

百草園





東京都日野市にある、ウメの花で有名な日本庭園。多摩丘陵の傾斜を利用した園内にたくさんのウメが咲き乱れます

園内の地図(クリックすると拡大します)


入口からジグザグにきられた園路にそって見晴台まで登る構成になっています。傾斜はきつめで車椅子での散策は補助があっても厳しいかもしれません

正門入口


階段を登り、小さな受付で入場料を払います。日本庭園らしい質素なたたずまい。入口周辺はモミジが多く新緑や紅葉の時期は綺麗です

下段の広場


庭園内に入ると左手に下段の広場があります。若山牧水の記念碑をたくさんのウメが囲んでいます

寿昌梅


上段の広場に向かうとまず見えてくるのが寿昌梅という大きなウメ。根元には福寿草が咲いています

松連庵


寿昌梅の後ろに建つ茅葺屋根の建物。ウメとの組み合わせはとてもよく似合います

上段の広場


松連庵と茶室の三檪庵の間に挟まれた上段の広場はウメが密に植えられ綺麗です。特に蓮久という紅梅が見事です(右写真の右側にあるウメ)

三檪庵と心字池


貸し出しをしている茶室の三檪庵や、庭園に変化をつける心字池。日本庭園らしい落ち着いた雰囲気です。この付近はウメの開花期より新緑や紅葉の時期の方が見所が多いです

見晴台


さらに斜面を登ると見晴台にたどり着きます。園内のウメはもとより、遥かスカイツリーも見通せます

駅からの坂道


京王百草園の駅からは急な坂道を登ります。かなり傾斜があり、普段歩きなれている人でも少し息が切れるかもしれません

場所 東京都日野市百草
交通 電車:
京王線「百草園」より徒歩10分
車:
百草園駅周辺の民間パーキングを利用
(専用の駐車場はありません)
入場料 大人:300円、小人:100円
開園時間 9:00〜17:00(11・12月は16:30まで)
休館日 水曜(祭日振り替え)、年末年始
催事中は無休
HP http://www.keio-mogusaen.jp/
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★★ ★★☆ ★★☆ ★★★☆
やや狭いですが、ウメの美しい日本庭園。多摩丘陵の傾斜を利用した花の量感が見所です。あまり余計な造作もなく、ゆっくりと和の雰囲気に浸るのに良いと思います。ウメ以外の時期は紅葉が楽しめるそうですが、ウメが植えられている面積の多さから見ても、ウメの時期が一番の見所であることは間違いないでしょう
交通の便は駅から歩いて行けるのでやや良評価。ただ、駅からの道はかなりの急坂を登ることになります。また、京王線の百草園駅は特急停車駅ではないので注意
車の場合、専用の駐車場はないので周辺のコインパーキングを利用します
注目の花:ウメ、紅葉

戻ります