本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

軽井沢レイクガーデン






軽井沢の南、別荘が立ち並ぶ閑静な地域にあるナチュラルガーデン
羨ましいともいえる環境を生かした美しいガーデンです

エントランス

つる植物の絡まる石造りの門を入ると、囲われた空間に噴水があります
ガーデンに入る雰囲気作りとして良いのではないでしょうか

園内の地図(クリックすると拡大します)

大きな池を中心に変化に富んだ園内。ここではお勧めルートどおり入口から時計回りに紹介します

池とパディングボート

順路にそって進むと大きな池が視界に飛び込んできます
船着き場があり、ボートに乗って園内を一周できます(要予約)

イングリッシュローズガーデン

イングリッシュローズを中心とした整形のガーデン。配置としてはオーソドックスなものですが、他のローズガーデンと大きく異なるのは周囲が池に囲われていることです

めがね橋

園内に2つあるめがね橋。ガーデンの雰囲気を盛り立てます

ウッドランド

池の中島に橋で渡ると、樹木と宿根草が植えられたウッドランド
野の道を散歩してるかのような気持ちよい空間です

ラビリンスローズガーデン

沈床式の整形ガーデン。バラと宿根草で彩っています

せせらぎから架け橋、架け橋から見た池

池に架けられた木の架け橋。川の流れもあり、水辺を効果的に活用しています
夏には池にたくさんのアサザが咲きます

フレグランスローズパス

香りの良いバラが植えられた小径
ここに限らず、道にはウッドチップがひかれ歩きやすくなっています

レイクサイドパス

池と橋を見ながら湖畔を歩きます。天気が良ければめがね橋方面に浅間山を望めます

睡蓮の池

水生植物が植えられた池。ナチュラルガーデンならではの自然な雰囲気です

ホテル

隣接したホテル内のガーデンも綺麗ですが、宿泊者や食事利用者用で中には入れません
ホテルの外観はガーデンを彩る点景になっています

フレンチローズガーデン

つるバラとクレマチスが絡まるパーゴラと、フレンチローズの植えられた整形ガーデン

ボーダーガーデン

入口に向かって右手にあるガーデン。芝生と宿根草が綺麗です

ショップの入る建物

レストランやカフェ、売店のメアリーローズが入るマナーハウス

場所 長野県北佐久郡軽井沢町レイクニュータウン
交通 車:
上信越自動車道「碓井軽井沢IC」から約15分
電車:
JR「軽井沢駅」より軽井沢町内循環バスで約10分
(※本数が少ないので事前に時刻表確認を)
入場料 通常期:
大人1000円 小中学生500円 小学生未満無料
ローズシーズン(6月中旬〜7月中旬):
大人1200円 小中学生600円 小学生未満無料
休館日 11月上旬〜4月下旬(開園期間内は無休)
開園時間 通常期:
9:00〜17:00(入園は16:30まで)
ローズシーズン(6月中旬〜7月中旬):
8:00〜18:00(入園は17:30まで)
HP http://www.karuizawa-lakegarden.jp/
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★★☆ ★★☆ ★☆ ★★★★★
自分好みのナチュラルガーデン。バラも綺麗ですが、大きな池や水の流れなど水辺を生かした植栽が魅力的です。整形ガーデン部分も周囲に池があるため異質に感じられません
アンディ&ウイリアムスボタニックガーデンが何も無いところから作り上げた美しいガーデンならば、こちらは環境の良さを存分に生かした好例といえるでしょう
いわゆる花の名所とは違った美しさなので、人によって満足度が違います。作りこまれたガーデンが見たいという人は満足できると思いますが、とにかく派手な花の絨毯が見たいような方には向いていません
軽井沢は平地に比べ、季節が1ヶ月程度遅れておりバラ最盛期は6月下旬になりますが、この頃はちょうど梅雨の季節。もし晴天に当たればかなり幸運といえるでしょう
バラ最盛期のローズフェスタ期間は早朝入園が行われています。詳しくは公式HPを確認のこと
駅から循環バスが出ていますが本数は非常に少ないです。基本的に車で来る場所で、交通の便の評価は良くありません
○2015年7月中旬の様子
ローズフェスタの最終日近くに行ってみましたが、バラは見頃すぎで咲いてはいるものの、あまり綺麗ではありません。そのかわり各種宿根草と池のアサザの黄色い花が綺麗でした
よく晴れて浅間山の噴煙がはっきり分かります
○2014年6月下旬の様子
ローズフェスタの早朝開園を利用して行ってみました。フェスタ期間内とあってバラはほぼ満開。宿根草の最盛期はもう少し後でしょう
美しいガーデンと景色を楽しませてもらいました
注目の花:バラ、各種宿根草、花木、樹木

戻ります