本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

茨城県フラワーパーク




筑波山のふもと、茨城県石岡市になるフラワーパークです
バラが有名ですが、他にも見所があります

入場ゲート

フラワーパークらしい、よく目立つ入口から園内に入ります

園内の地図(クリックすると大きくなります)

バラ園の比重が大きいことがわかりますが、ふれあいの森の自然公園的な部分も含めて、ほかにもいくつか見所があります

入ってすぐのバラのテラス

入場ゲートから入ると段々になったバラのテラスが広がります
特に順路は設けられていないので、各エリアごとに紹介します

バラのテラス

斜面に段々につけられた花壇に色系統ごとに分かれたバラが植えられています

バラ品種園

バラの見本園。バラの一本一本をじっくり見たいならバラのテラスよりこちらの方が向いています

大温室

以前は熱帯花木が植えられていた大温室。展示準備中です

展示栽培温室

球根ベコニアやダリアなどを見ることができる展示温室。よく管理されています

芝生の丘

斜面を利用した広々とした芝生広場。バラ園と山側との緩衝地帯といった雰囲気です
上部にあるのはフラワーサイクル乗り場です

展望塔

斜面の頂上付近にある展望塔。園の全体を見下ろすことができます
意外と高度感があるので高い所が苦手な人は注意

シャガ園とアジサイ園

山林の下に咲く100万株のシャガ。見ごろは4月中旬〜5月上旬
一方、斜面に植えられた3500株以上のアジサイの見ごろは6月中旬以降です

ダリア園

ダリア園の見頃は9〜10月ごろ。その他の季節は花畑になっています

ボタン園

ボタンやシャクヤクが植えられたボタン園。ボタンの見ごろは4月下旬ごろ
奥の山の頂上に展望塔が見えています

ふれあいの森

自然公園的なふれあいの森。広葉樹主体の明るい森で、花期にはサクラやヤマユリ、フクジュソウなどが咲きます。まっすぐ登ると息が切れる傾斜なので、ゆっくりジグザグに登りましょう

丘の頂上付近から筑波山

ふれあいの森の頂上付近は芝生広場になっています。先ほど紹介した展望塔もあります
開放感があり、筑波山がよく見えます

レストランと来園者センター

バラのテラスを見下ろすレストランや、お土産を買える来園者センター
バラの最盛期はこれ以外にも売店が出ています

場所 茨城県石岡市下青柳
交通 車:
常磐自動車道千代田石岡IC又は石岡小美玉スマートICより約20分
常磐自動車道土浦北ICより約15分
北関東自動車道笠間西ICより約25分
バス:
石岡駅より関鉄グリーンバスで約30分
入場料 4月1日〜11月30日(8月をのぞく)
大人(高校生以上):740円、小人(小・中学生):370円
12月1日〜3月31日、8月1日〜8月31日
大人(高校生以上):370円、小人(小・中学生):190円
休館日 毎週月曜日(休日の場合は振替あり)
(GW〜バラの開花期までは月曜も開園)
年末年始
開園時間 2月〜11月:9:00〜17:00(入場は16:30まで)
12月〜1月:9:00〜16:00(入場は15:30まで)
GW〜7月下旬は早朝・延長設定あり
URL http://flowerpark.or.jp/
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★★ ★★☆ ★☆ ★☆ ★★★☆
園のかなりの面積を占めるバラが一番の見所です。品種もたくさんあり、バラが好きな方は楽しめると思います。それ以外ですと、バラとは開花期が合いませんがシャガやアジサイ、ボタンもかなりの量感があります
園全体が斜面になっており移動が大変な部分もありますが、その分開放感や眺望に優れています。丘の上からの筑波山の眺望もよいです。自然公園風のふれあいの森の雑木林が園の余裕に結びついています
初夏のバラ最盛期はやや混雑しますが、園内が広いのでそれほど気にならないでしょう
交通の便は車で行くところ前提といった立地でやや悪いですが、バスの便はあります。駐車場は臨時もあるのでバラの最盛期でも一杯になることはないと思います
○2014年10月下旬の様子
ダリアが見頃。秋バラも咲いています
工事中の箇所が多かったり、他の花が少なかったりとちょっと残念な感じでした
○2013年5月下旬の様子
バラは今が盛り。今年は開花が早くほぼ満開。展示温室のベコニアやダリアも綺麗です。シャガやアジサイ、ボタンなどは咲いていませんが、シャクヤクはまだ見られました
人出は多いですが、芝生や道が広めであまり混雑感はありませんでした
注目の花:バラ、シャガ、ボタン、シャクヤク、アジサイ、ベコニア、ダリアなど

戻ります