本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

東館山高山植物園



長野県の志賀高原にある高山植物園
様々な植物が咲きますが、特にニッコウキスゲが有名です

東館山ゴンドラリフト、発哺温泉山麓駅

植物園へのアクセスはゴンドラリフトを使います
歩いて登ることもできますが、ハイキングの領域になります

ゴンドラの下のお花畑

ニッコウキスゲの最盛期はゴンドラリフトの下が花畑になり期待が高まります

東館山頂駅と山頂広場

ゴンドラから降り立てば、そこはもう高山植物園内です
山頂駅には展望レストランがあります

花壇状になっている坂道

園内は特に順路はありません
今回は山頂駅→ブエモン平→岩菅山登山道分岐→高天ヶ原サマーリフト乗り場の順に進みます
道はよく整備されていますが、傾斜がきつく車椅子は無理でしょう

ブエモン平分岐とブエモン平自然花園

ブエモン平分岐からブエモン平にかけてニッコウキスゲがよく咲いています
そのまま下ってしまうと園から出てしまうので、木道がなくなったら引き返しましょう

武衛門池

池というよりは、ミツガシワに覆われて湿地状になっている武衛門池
初夏にはミズバショウが咲きます

岩菅山・赤石山登山道分岐

池を出て岩菅山への登山道を見送り、山頂駅方面の斜面を登り返します
このあたりもニッコウキスゲが綺麗です

広々とした景色

園内は高山にあるので、視界が開けて天気の良い日は気持ちいいです
クロサンショウウオのいる池にはヒメカイウが咲きます

西側の展望と、段々になったお花畑

高天ヶ原サマーリフトに向かう道に入ると西側の展望が開けます
下側は段々になったお花畑になっていて、様々な花が見られます
ここを下っていくとサマーリフト乗り場です

高天ヶ原サマーリフト

帰りはサマーリフトに乗ってもいいでしょう。また、このルートの逆を辿っても問題ありません
だた山麓駅の場所が違うので、車の場合はバス等で移動しなければなりません

高天ヶ原サマーリフト周辺のニッコウキスゲ

高天ヶ原サマーリフトに乗らないでゴンドラで往復する場合でも、ニッコウキスゲやヤナギランの咲く時期は周辺を散策してみると良いと思います

場所 長野県下高井郡山ノ内町志賀高原
交通 車:
上信越自動車道「信州中野IC」から約50分
電車:
JR「長野駅」より長電急行バスで約70分
長野電鉄「湯田中駅」より路線バスで約30分
(※本数が少ないので事前に時刻表確認を)
入場料 植物園は無料(実質ゴンドラorリフト代金に含まれている)
・東館山ゴンドラリフト
片道820円・往復1250円
・高天ヶ原サマーリフト
片道410円・往復620円
※東館山天空コースという、ゴンドラ→リフト→バスの周遊切符も期間限定で発売されています
休館日 植物園の開園は6月1日〜10月31日
ゴンドラ・リフトは不定休、夏季(7月中旬〜8月)は基本的に無休
詳細は公式HP等で必ず確認を
開園時間 9:00〜16:00
(この時間に合わせてゴンドラ・リフトも稼動しています)
HP http://shigakogen.co.jp/higashidateyama/
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★☆ ★★☆ ★☆ ★★★★
標高2000mにある高山植物園、面白い施設です。志賀高原に自生する500種類の高山植物が植えられているそうです
自然な雰囲気ですが整備されており散策に不安はありません。ただ、坂道が多い上、一部石ころ状の道もあるので靴はスニーカー推奨
初夏に咲くニッコウキスゲは見事ですが、この花は年によって当たり外れがあるので事前に現地の情報を確認したいところです。8月に咲くヤナギランも見所ですがニッコウキスゲほどの群落ではありません
展望台などから見る景色も見所です
また周辺は志賀高原の観光地なので、各地を回ってみるのも良いでしょう
奥志賀高原にあり、アクセスはかなり大変。その分、霧が峰などに比べると人手は多くなくゆっくり散策できるのは嬉しいです
○2014年7月中旬の様子
今年は当たり年だったニッコウキスゲが最盛期。美しい景色に満足しました。ただ、この日は暑さと日差しが厳しく高原の涼しさを実感できませんでした
注目の花:ニッコウキスゲ、ヤナギラン、他各種高山植物

戻ります