本文へスキップ

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

花の名所・ガーデン・植物園訪問記

五島美術館





東京都世田谷区にある東急グループ創始者の五島慶太氏が収集した美術品を展示する美術館。隣接して武蔵野台地が多摩川に浸食されてできた傾斜地を利用した庭園があります。和風の庭ですが整然とした日本庭園ではなく、大きめな自然風の庭といった印象です
庭園だけの入場も可能で気軽に訪れることができます

園内の地図(クリックすると拡大します)

美術館側から西側に向かってやや急な高低差があり、段差が多く散策の際は注意がいります。枝道が多く明確な順路は設けられてませんが、今回は庭園出入口から時計回りで紹介します

美術館正面入口と庭園出入口

美術館のロビーを抜けて出入口から庭園に入ります
建物本館は近代建築の大家である吉田五十八氏設計のフラットなデザインです

天祐庵門と茶室「古経楼」

雰囲気のよい和風の門を抜けると茶室の古経楼があります
残念ながら茶室は非公開となっています

茶室「富士見亭」と周囲のモミジ

もう一つやや小さめの茶室がありますがこちらも非公開です
ただ、この周囲はモミジが多く新緑や紅葉時はとても綺麗です

見晴台庭園

茶室付近の陰の多い空間から、芝生の見晴らしのよい場所に出てきます
遠く富士山が望め、広々として休憩するのにちょうど良いです

上野毛のコブシとあずま屋(休憩所)

老木のコブシ。他にもメタセコイアなどの大木があります
ここから傾斜を下っていきます。その途中にはあずま屋があります

瓢箪池と赤門

傾斜の下側は池が多い落ち着いた雰囲気です
他にも菖蒲園や蓬莱池、小さな流れなどがあり散策が楽しいエリアになっています

春山荘門と大日如来

出口専用の春山荘門。再入場はできないので注意
このあたりは石仏や石塔が多いですが、鉄道開発の際に移設されたものも多いそうです

石灯籠

園内は五島氏が収集した様々な種類の石灯籠が数多く配置されています。一番立派な善導寺型燈籠は庭園ではなく美術館正門広場の左側にあるので見逃さないようにしましょう。見ざる言わざる聞かざるの彫り物があります

斜面の道、石畳の道

園内は傾斜が多く、石畳の道もあるので苔で滑ったり、足を踏み外してくじいたりしないように足元に注意しましょう

場所 東京都世田谷区上野毛
交通 電車:
東急大井町線「上野毛駅」より徒歩5分
(上野毛駅は各駅停車しか停まらないので注意)
車:
上野毛駅周辺の民間パーキングを利用(専用の駐車場はありません)
入場料 一般:1000円、高・大学生700円、中学生以下無料
(特別展は別設定あり)
庭園のみ大人:300円、中学生以下:無料
開園時間 10:00〜17:00(入場は16:30まで)
休館日 月曜日(祝日振替)、夏季整備・展示替休館あり
休館日の詳細は公式HPで確認を
HP http://www.gotoh-museum.or.jp/
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★☆ ★★☆ ★★☆ ★★☆
純粋な日本庭園ではなく西洋庭園風味もある和風の庭という印象。緑が多く散策するには楽しい落ち着いた環境です。一方、花は少なめで派手で綺麗なガーデンを期待する場所ではありません
各所に置かれた立派な石灯籠が大きな特徴で、まるで石灯籠の見本園のようです。名札もあるので見比べてみるとよいでしょう
駅からは近いですが、一部狭い歩道の部分もあるので注意
専用の駐車場はありません(周辺のコインパーキングを利用)。電車で来るのが正解でしょう
○2015年11月下旬の様子
今年は紅葉が遅れ、見頃はじめといった印象。散策するには心地よい日和でした
注目の花:新緑、紅葉、コブシ(開花は不定期)

戻ります