本文へスキップ

庭園・ガーデン・植物園・花の名所の訪問記

庭園・ガーデン・植物園・花の名所の訪問記

足立美術館の庭園






足立美術館は島根県安来市にある、横山大観をはじめとした日本画家の作品を主に鑑賞できる美術館。その美術館の建物と並行するような形で、いくつかの日本庭園を観賞できます。創設者の足立全康氏の「庭園もまた一幅の絵画である」という言葉の通り、室内のガラス窓や建物の一角から庭園を眺めることが主な観賞式庭園になっています

正面玄関


日本画メインの美術館らしい落ち着いた雰囲気の正面玄関。受付を済ませたらまず、日本庭園を観賞します。日本画などのデリケートな美術品は日が当たらない展示室や新館、魯山人館でまとめて展示されています

苔庭


美術館内に入ってまず見えてくる苔を主体とした庭。白砂や苔はもちろん、まるで斜面に生えているように、様々な角度で植栽された樹木が見どころです

渓流と環翠庵(かんすいあん)


苔庭の奥には石橋のある渓流が見えます。渓流のさらに奥には環翠庵という茶室と、十三重の塔があります。遠目からでも美しく管理されていることが分かりますが、残念ながら近づいて見ることはできません

枯山水庭1


写真などで有名な美術館の主庭。水を用いず白砂や石、樹木で構成されています。伝統的な手法に基づきながらも、現代風に作庭されているとのことで、どことなくモダンな雰囲気があります。こちらはロビーの窓から見た枯山水庭で、ガラス越しのためかやや青みがかります。ソファーに腰かけてゆっくり観賞できます。

枯山水庭2


手前の白砂が大河を表す近景。岩や苔、樹木が川の景色を表す中景。奥にある山々が遠景になっています。一般的な枯山水庭園のこじんまりした印象とは異なり、スケールの大きな庭園になっています

生の額絵


1枚の大きなガラス窓から見る日本庭園。それを絵画に見立てています。暗い樹木の幹越しの、起伏のある美しい芝生が見どころです

白砂青松(はくさせいしょう)庭


横山大観の名画「白砂青松」のイメージを表現するべく造られた庭。大観の絵を見ると、奥側の白砂と松が点在する部分がまさにそれです。一方、庭園には奥に滝がある池や遠景の山々があり、横の広がりをさらに強調しています

亀鶴の滝


開館8周年を記念して造られた15mの人工の滝。白砂青松庭から見たとき、収まりのよいような場所にあります。ここから流れた水は環翠庵前の渓流になります

池庭


池のそばに建てられた洋風の美術館と、池の奥の和風の茶室(清風)に挟まれた池のある庭。そのため和洋折衷の庭になっているとのことです。池には錦鯉が見られます

生の掛軸


床の間の一角をくりぬいて見える景色が、まるで掛軸のようです。ただ、掛軸の奥は白砂青松庭を観賞するポイントともなっており、人が滞留していることが多く、運がよくないと写真のような掛軸的な景色を見ることは難しいです

茶室や、喫茶室


庭園を眺めながら抹茶やコーヒーなどを楽しめる茶室や喫茶室。美術館価格ではありますが、優雅な雰囲気を味わってみるのもよいと思います

足立全康氏の銅像


横山大観をはじめとする多くの絵画や美術品を集めた美術館、そして世界一と称されることがある日本庭園。出身地である安来で、これほどの施設を設立維持できたのは、創設者の足立全康氏の美術や庭造りへの情熱が大きかったことを示しています

場所 島根県安来市古川町
交通 ■公共交通機関
JR山陰本線「安来」駅から無料シャトルバスで約20分
■車
山陰自動車道「安来IC」から約10分
駐車場あり(無料)
※駐車台数はとても多い
入場料・休館日・開園時間は下記URLを参照
URL https://www.adachi-museum.or.jp/
My impression
マニア度 娯楽度 混雑度 交通の便 総合満足度
★★☆ ★★☆ ★★★ ★★★☆
日本屈指の規模を誇る観賞式庭園。回遊式庭園のように庭園内を散策できる部分はほとんどなく、京都の庭園に多い建物から見ることを主とする庭園になっています。それを良しとするか否かで、庭園に対する評価も大きく変化するでしょう。個人的には回遊式庭園に魅力を感じるため、世間の一般的な評価よりも、やや厳しいものになっています。ただ、観賞式庭園が好きな方なら一度は見るべき価値があります。京都の寺社などの枯山水庭とは比べ物にならない、スケール感のある庭を観賞できます。
美しく剪定された樹木や下草、苔たちが見所のため、ツツジや紅葉の季節等にとらわれず、いつ観賞してもよいのは大きな魅力です。団体客などで常に混雑しやすいものの、季節に関係なく平均化されており、大型連休を外せば酷く混雑するということも少ないです。
あくまで美術館であり入場料はやや高価で、庭園のみ観賞の設定もありません。そのため、庭園だけでなく美術品もゆっくり楽しむつもりでいきましょう。観賞および鑑賞時間には十分な余裕が欲しいです。2時間ぐらいが目安になります。
庭園の管理状態は非常に良好。管理者の印象は良好です。
交通の便は公共交通機関の場合、特急が停車する安来駅から送迎バスがかなりの頻度であるため非常に良好です。車の場合も、幹線道路沿いに立地し、しかも非常に広い駐車場があるため同じく良好です。
注目の花:マツ類、ツツジ、コケ、カエデ(新緑・紅葉)

戻ります