本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ユリオプスデージー

戻ります

ユリオプスデージーのデータ

花色:黄色
学名:Euryops
科名:キク科
分類:常緑多年草(常緑低木とされることもある)
原産地:南アフリカ
大きさ:背丈50〜150cm 横幅40〜120cm
主な見所:花(10〜4月)※条件がよければ真夏以外も開花します

ユリオプスデージーの特徴

いくつか種類がありますが普通は冒頭写真のペクティナツスがユリオプスデージーと呼ばれています。薄い銀色がのる切れこみの入った葉をもち、黄色の花を長期間咲かせます。株は大きくなると茎が木質化してさらに大きくなります。とても丈夫で薄い銀葉と長期間咲く花も美しく一般の庭や公園など多くの場所で見られます。寒さに弱いといわれていますが南関東以西の暖地では楽に冬越しします。同じユリオプスの仲間でパージネウスの改良品種「ゴールデンクラッカー」も出回りますが、育て方や性質は異なるので注意が必要です

  • 難易度: とても丈夫な花です
  • 日照量: 日当たりのよい場所で育てます
  • 水分量: 適湿を好みます
  • 耐寒性: 強い霜に当てなければ南関東以西で冬越しします

ユリオプスデージーの育て方

日当たりと水はけのよい場所に植えれば、あとは手間がかかりません。ジメジメした環境は苦手で、乾かし気味に育てると株が締まって花つきもよくなります。庭植えなら水は自然に任せますが、生育が良いため鉢植えの場合は水切れさせると萎れやすいです。株が徒長しやすいので姿が悪くなったら切り戻したり挿し木をして更新します。適期は春と秋です。寒さの厳しい地方では霜よけ等の保護が必要です

  • 管理:大きくなってきたら下葉が落ちる前に切り戻します。できれば夏は涼しい場所に移動したいですが無理にしなくても夏越しは可能です
  • 肥料:生育期に緩効性肥料を与え、開花期に液肥を併用します
  • 病害虫:病害虫には強い花ですが、たまにアブラムシが発生するので駆除します

ユリオプスデージーのアレンジ

洋風の庭に合います。小さくして寄せ植えに使うことも、大きくして庭植えに用いることもできます。花色が黄色のみなので制限はありますが、丈夫でよく咲くので応用範囲の広い花です。シルバーリーフとして扱うにはやや葉の緑色が強めな印象なので花をメインにアレンジしましょう

ユリオプスデージーの主な品種

ユリオプスデージーには八重咲き種があります。その他にも、いくつか種類とその改良品種が出回っています


ゴールデンクラッカー(E. virgineus)
黄色い小花を咲かせます。花も葉も小さくユリオプスデージーとは印象が異なります。涼しい時期は丈夫ですが、夏の暑さに非常に弱く夏越しはかなり難しいので暖地では一年草扱いが無難です


マーガレットコスモス(E. chrysanthemoides)
ユリオプスデージーによく似た姿ですが、葉が周年緑色で開花期もやや長い。雰囲気は野性味が強いです。育て方はユリオプスデージーとほぼ同じ


ペクティナツスの斑入り品種

ユリオプスデージーの個人的な印象

オススメ度:85%
日当たりと水はけがよければ放任でもよく育ちます。寒さ以外で枯れることも少なく、初心者にもお勧めできる花です

コメント

  • ユリオプスデージーはどこでも見かける花ですが、名前を知らない人も多いのではないでしょうか?
  • 条件が悪いと下葉が枯れるので目安になります
  • 挿し木で増やすこともできます。適期は春で、切り戻した新芽の部分を用います

戻ります