本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ワイルドストロベリー

戻ります

ワイルドストロベリーのデータ

花色:白  実:
学名:Fragaria
科名:バラ科
分類:常緑多年草
原産地:北半球の温帯
大きさ:背丈15〜20cm 横幅25〜30cm(ほふく性)
主な見所:花(4〜6月)、実(5〜6月)※秋にも返り咲きすることがあります

ワイルドストロベリーの特徴

原種やそれに近いイチゴで、販売されている普通のイチゴよりふた回り以上小さい実をつけます。そのかわり香りの強いものが多くハーブとして扱われています。葉をティーにすることもあるそうです。性質は丈夫で、花も小さいながら楽しめます

  • 難易度: 実が食われやすいですが、育てるのは難しくありません
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます
  • 水分量: 適湿を好みます。過湿は病気のもとです
  • 耐寒性: 関東地方では問題ありません

ワイルドストロベリーの育て方

日当たりと水はけのよい場所が適地です。この条件を満たせば、ほぼ放任でも花や実をつけてくれます。直に実が土に着かないように工夫(ビニールを敷くなど)すると腐敗や病気を減らせます。実が赤く熟す頃は鳥や害虫に食べられやすくなるので注意が必要です

  • 管理:枯れた葉は摘み取ります。ランナーが盛んに伸びるので、増やしたい場合は土の上にランナーを置いて根を出させます。必要ない場合はランナーを切り取りますが、親株は毎年更新したほうが勢いを保てます
  • 肥料:緩効性肥料を春と秋に与えます
  • 病害虫:普通のイチゴよりも病害虫に強いですが、ただ、やはり実は食われやすい(鳥・ナメクジ他)です

ワイルドストロベリーのアレンジ

洋風の庭に向きます。普通は単独で鉢や畑に植えますが、丈夫で実つきも良いので大き目の寄せ植えにも適しています。やや垂れ下がるので鉢の縁側に植栽しましょう。この場合はランナーは適切整理します。定番のストロベリーポットにも合い、実が土につきにくいので病気も減らせます

ワイルドストロベリーの主な品種

黄色実の改良品種があります

その他の写真


花のアップ

ワイルドストロベリーの個人的な印象

オススメ度:65%
無農薬でも収穫できる優れた植物です。放任しても実がなりやすいですが、残念ながら鳥や害虫にも食われやすいです

コメント

  • 目立たない場所や鳥が止まりにくい場所に鉢を置くと、食害をいくらか減らせます

戻ります