本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ツンベルギア

戻ります

ツンベルギアのデータ

花色:
学名:Thunbergia
科名:キツネノマゴ科
分類:常緑多年草(春まき一年草扱い)・常緑つる性低木
原産地:熱帯アフリカ、熱帯アジアなど
大きさ:背丈50〜200cm 横幅50〜200cm(つる性)
主な見所:花(7〜11月)

ツンベルギアの特徴

ツンベルギアにはいくつか種類がありますが、一般的に出回っているものはつる性の常緑多年草(春まき一年草扱い)のアラタです。つる性低木になりお互いよく似ているエレクタとフォーゲリアナもありますが店頭に出回ることは多くありません。花は五弁の整った形で、アラタは中心の黒紫色が目立ちますが、黒紫の目がないクリアタイプも出回っています。エレクタとフォーゲリアナは花芯の色は黄色〜白です。花色はアラタが赤橙〜黄色・白。エレクタとフォーゲリアナは濃青紫〜薄紫、白花。葉は狭心臓形、株はつる性で生育旺盛。アラタのつるは細めで誘引はしやすいです。いずれの種類も耐寒性がなくタネから当年開花が出来るアラタは春まき一年草扱いになっています

  • 難易度: とても丈夫な花 。ただし耐寒性はありません
  • 日照量: 日当たりのよい場所で育てます
  • 水分量: 適湿を好みます
  • 耐寒性: 耐寒性がないので室内に取り込みます。アラタは一年草扱いに

ツンベルギアの育て方

丈夫な花で、日当たりと水はけのよい場所に植えれば特に問題ありません。土質は選びませんが排水のよい肥沃な用土を好みます。むしろ、育成よりも伸びすぎるつるを管理するの方が大変です
アラタ以外は室内に取り込むため鉢植えで育てます

  • 管理:上手に誘引してあげると伸びが早く花もよく咲きます。花がらは摘み取ります
  • 肥料:緩効性肥料を初夏〜夏に与え、開花期は液肥を併用します
  • 病害虫:雨の当たらない場所に置くとハダニが発生することがあります
  • タネから

    アラタの苗。発芽・生育適温が高いので十分暖かくなってからタネをまきます。直まき可能。発芽率はあまりよくないですが、育苗は楽です

ツンベルギアのアレンジ

アラタはトレリスやフェンス、やや遅まき気味にして生育を遅らせてのハンキングにも向きます。単独でも目立つ花ですからあまり寄せ植えでは使われません
エレクタやフォーゲリアナは屋内に取り込む必要があるので鉢植えで行灯仕立てにします。ただし本来は大きくなるので管理は難しいです。バルコニーなど枝を垂れ下げられる場所があれば、誘引せずに伸ばして育てる方が楽かもしれません

ツンベルギアの主な品種

アラタは苗でよく店頭に並びます。その他の種類はエレクタが鉢花としてたまに見かける程度。珍しい種類は通販で求めた方が良いでしょう

○アラタ(T.alata):つる性多年草ですが春まき一年草扱いにします。花芯の黒紫が目立ちます。家庭園芸では普通はツンベルギアといえばアラタのことを指します


「アフリカンサンセット」
赤橙〜オレンジの花を咲かせます


「カスタードイエロー」
黒紫の目がないクリアタイプのアラタ。白花もあります



○エレクタ(T.erecta)
つる性低木になり、やや大き目の濃青紫の花を咲かせます。薄紫や白花もあります。花芯の色は黄色です。他の種類と比べると店頭で見かける機会もなくはないですが、一般的には植物園で見かけることが多い花です


○フォーゲリアナ(T.vogeliana)
エレクタにとてもよく似ていますがやや大きくなるようです。花のみの写真で判別するのは難しいです


○グランディフロラ(T.grandiflora)
淡い紫の花を咲かせます。花芯の色は黄色。一般的には植物園などの温室で見かけることが多いです

ツンベルギアの個人的な印象

オススメ度:65%
丈夫なつる性植物です。アラタは花芯が黒紫になり個性的な姿です

コメント

  • 花芯が黒くないクリアタイプも綺麗なのですが、種の特徴が消えてしまうので、花芯が黒いタイプも混ぜて植えたり見せ方を工夫したほうが良いかもしれません

戻ります