本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

チャイブ

戻ります

チャイブのデータ

花色:ピンク
学名:Allium schoenoprasum
別名:セイヨウアサツキ
科名:ユリ科
分類:夏緑性多年草
原産地:ヨーロッパ
大きさ:背丈20〜40cm 横幅20〜40cm
主な見所:花(5〜7月)

チャイブの特徴

セイヨウアサツキの別名の通り、西洋でネギのような用途で使われるハーブです。ネギに比べ味がマイルドで、葉が細い・夏に休眠しないなどの違いがあります。花は初夏にやや紫っぽいピンクの花を咲かせます。葉はネギやアサツキよりも細く線状で、株はよくまとまります

  • 難易度: 夏越しに気をつければ育てるのは楽です
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます
  • 水分量: 水はけのよい土を好みますが、強い乾燥は苦手です
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

チャイブの育て方

日当たりの良い場所に植えます。ただ、暑さに弱いので鉢植えなら夏は半日陰に移動します。水はけのよい土を好みますが、強い乾燥は苦手なのでやや保水性のある土に植えます。丈夫でよく広がるので、株分けで簡単に増やせます

  • 管理:ハーブとして収穫する場合は花をなるべく摘み取り、葉を硬くしないようにします。花を楽しむ場合も、終わったものは順次摘み取ります
  • 肥料:春と秋に緩効性肥料を与えます
  • 病害虫:ほとんど発生しません

チャイブのアレンジ

洋風の庭に向きます。花が美しいので、ハーブガーデンだけでなく普通の花壇にも合います。スッキリした姿なので色々な花とあわせることが出来ます。野趣のある花で整形花壇よりは自然風の花壇に合います

チャイブの主な品種

これといった品種はありません。株や環境によって花色の濃さに違いが出るようです


ガーリックチャイブ(A.tuberosum):
いわゆるニラです。たまにハーブとして売られています。3〜40cm前後の花茎を伸ばして白い花が咲きます。花期は8〜10月と遅め。とても丈夫な花で乾燥にも比較的耐えます

その他の写真


チャイブの花のアップ

チャイブの個人的な印象

オススメ度:70%
丈夫で、花もよく咲きます。草体を傷つけなければ臭いは気になりません。さらに丈夫なガーリックチャイブも使い方によっては活躍できると思います

コメント

  • 小さな苗を植えた場合は開花まで時間がかかります

戻ります