本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ザルジアンスキア


オヴァタ

戻ります

ザルジアンスキアのデータ

花色:
学名:Zaluzianskya
別名:ムーンライトフラグランス、ミッドナイトキャンディー、ナイトフロックス
科名:ゴマノハグサ科
分類:常緑多年草(一年草扱い)
原産地:南アフリカ
大きさ:背丈15〜50cm 横幅15〜25cm
主な見所:花(4〜6月)

ザルジアンスキアの特徴

いくつか種類がありますが、通常店頭で出回っているものは昼すぎには開花するオヴァタです。夜に開花するカペンシスもありますがそれほど多くは出回りません。花弁の裏側の赤紫が目立つつぼみが開くと、真っ白な変わった形の花を咲かせます。花には芳香があり夕方以降花が開ききったころに香りが強くなります。特にカペンシスは強く香ります。株はこんもり育ち、葉は長円形で葉縁のギザギザがよく目立ちます。不思議な花の名前は人名からきています

  • 難易度: 暖地の夏越しは難しいです
  • 日照量: 秋から春は日向。初夏から夏は半日陰が適地です
  • 水分量: ジメジメした環境は苦手です
  • 耐寒性: 比較的寒さには強いですが、霜よけはしたほうがよいです

ザルジアンスキアの育て方

初夏までは日当たりと水はけのよい場所で管理すれば特に問題なく育ちます。ジメジメした環境は苦手ですが、水切れにも弱いので鉢植えの場合は注意します。高温多湿に弱いので、暖地では夏場に枯れやすく一年草扱いされます

  • 管理:終わった花は元から切り取ります
  • 肥料:春と秋に緩効性肥料を与えます
  • 病害虫:これといった被害はありませんが、高温多湿からくる根ぐされに注意

ザルジアンスキアのアレンジ

洋風の庭に合います。変わった形の花なのでアレンジでは他の花とケンカしないように、葉物などの引き立て役を間に入れて上手く調和させます。とはいえ花が咲ききってしまえば白い花なので大きな問題はないと思います。ただ花期が短めなので寄せ植えにはあまり向かないかもしれません

ザルジアンスキアの主な品種

オヴァタや、その改良品種がよく出回っています

オヴァタ(Z.ovata)
草丈が20cm程度でこんもり育ちます

「ムーンライトフレグランス」:一般的に出回っている品種(?)はだいたいこれですが、品種名ではなくただの原種の別名である可能性もあるようです

「スイートフレグランス」:白覆輪の斑入り品種


カペンシス(Z.capensis)
30〜50cm程度とやや背丈が高くなります。花弁の裏側は濃い紫です

「ミッドナイトキャンディー」:夜になると白い花を咲かせます

ザルジアンスキアの個人的な印象

オススメ度:55%
花の形は特徴がありますが他の花と合わせにくいというほどではありません。開花期間が短めなのが残念

コメント

  • オヴァタ系の花は昼過ぎには花が開いてきます

戻ります