本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

サルビア・ウルギノサ

戻ります

サルビア・ウルギノサのデータ

花色:
学名:Salvia uliginosa
別名:ボックセージ、サルビア・ウルギノーサ
科名:シソ科
分類:夏緑性多年草
原産地:南アメリカ
大きさ:背丈60〜180cm 横幅60〜120cm
主な見所:花(7〜10月)

サルビア・ウルギノサの特徴

爽やかなブルーの美しい花を咲かせるサルビア。姿は野生味があり自然風の植栽に合います。ボック(湿地)セージとも呼ばれ本来は湿った場所を好みますが、畑地でも十分育ちます。冬は地上部が枯れますが、春にシュートが伸びて横によく広がります

  • 難易度: とても丈夫ですが、乾燥には注意
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます
  • 水分量: やや湿った環境が好きです
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

サルビア・ウルギノサの育て方

丈夫なので、日当たりのよい肥沃な土の場所なら放っておいても育ちます。徒長することを許せば半日陰でも十分育ちますが、基本的には日向に置きたいです。乾燥にやや弱いので土の水もちをよくしておきます。すぐ大きくなるので地植えに向いています

  • 管理:花がら摘みを行います。冬に枯れた枝を、新芽が出る前に切り取ります
  • 肥料:緩効性肥料を適切与えます
  • 病害虫:ほとんど発生しません

サルビア・ウルギノサのアレンジ

野生味があるので、自然風の植栽やボーダーガーデンに合います。やや背が高く横に広がるので地植えに用います。横に広がっても大丈夫な広い場所に植えましょう。狭い庭では魅力を十分発揮させることは難しいです

サルビア・ウルギノサの主な品種

これといった品種はないようです

サルビア・ウルギノサの個人的な印象

オススメ度:65%
花期が長く、高温多湿にも強いので、広いスペースがあれば使ってみたい花です。ただ、横に広がりやすく狭い庭には向きません。花茎が横に倒れやすいのも難点

コメント

  • 多年草のサルビアの中では寒さに強い種です
  • 育てやすく花も美しいですが、大きく育ちすぎるのが敬遠されているからか、日本では他の宿根サルビアに比べると見かける機会はそれほど多くありません

戻ります