本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

サフラン

戻ります

サフランのデータ

花色:青紫
学名:Crocus sativus
科名:アヤメ科
分類:秋植え球根
原産地:ヨーロッパ南部
大きさ:背丈15〜25cm 横幅15〜20cm
主な見所:花(10〜11月)

サフランの特徴

いくつかある秋咲きクロッカスの仲間の代表ともいえる花です。香り付けや色付けのために使われるハーブですが、花が美しいため園芸でも栽培されています。紫の花弁に細長い3本の赤い雌しべがよく目立ちます。ハーブとして使われるのはこの雌しべ部分で乾燥させると美しい黄色になります。1本の花からの収穫量が少ないため高価なハーブになっています。葉は線状でツンツンした印象。花期以外の株はあまり目立ちません

  • 難易度: 充実した球根なら当年開花は楽です
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます
  • 水分量: 適湿を好みます
  • 耐寒性: 南関東以西では問題ありません

サフランの育て方

植え付けは9月初め頃にします。一般的な秋植え球根よりも早く行なわないとそのまま花芽が出てきてしまいます。植え付け深さは球根2個分程度です。秋から早春の間、日当たりのよい場所で育てます。水はけのよい肥沃な土が好みです。当年開花のみを楽しみたい場合はどこにでも置けます(土に植えなくてもOK)が、花が咲いた後にすぐ土に植えてあげないと次年度の球根が育ちません

  • 管理:花がらは摘み取ります。赤い雌しべは収穫しましょう。2〜3年に一度くらい春に葉が枯れたら堀り上げて分球して、日光と雨の当たらない場所で乾燥させます。湿気が多い場所なら毎年掘り上げた方が安全です
  • 肥料:花が終わったらカリ分の多い肥料を与えて来年に備えて肥培します
  • 病害虫:ほとんど発生しません

サフランのアレンジ

洋風の庭に合います。少し開けた場所に自然に生えてきたように植えると雰囲気が出ます。ただ、株が小さいので植わっていることを忘れて掘り起こしてしまわないように注意が必要です。他の秋植え球根とは開花期が合わないので小鉢に単独で植えるのもよいと思います。開花までは土に植えなくてもよいので水栽培や飾り鉢等に置いたりして室内で咲かせることもできます

サフランの主な品種

特にこれというものはありません

その他の写真


冬の葉が伸びている様子

サフランの個人的な印象

オススメ度:50%
開花期が秋の短い間なので他の植物とは合わせづらいですが、コルチカムなどと同様に逆に貴重ともいえます

仲間の花

戻ります