本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

サルビア インディゴ・スパイヤーズ

戻ります

サルビア インディゴ・スパイヤーズのデータ

花色:
学名:Salvia.farinacea × S.longispicata
別名:ラベンダーセージ、インディゴ・スパイヤー
科名:シソ科
分類:夏緑〜半常緑多年草
原産地:園芸品種
大きさ:背丈60〜150cm 横幅40〜120cm
主な見所:花(5〜10月)

サルビア インディゴ・スパイヤーズの特徴

サルビアファリナセア(ブルーサルビア)とロンギスピカータとの自然交雑によって生まれた交雑品種。ラベンダーセージの名もよく使われます。花は長い花穂に小さな青紫〜紫の花をつけます。開花期間が長いです。葉は長卵形〜ひし形で濃い緑色。株は株立状になり直立して背が高くなります。茎は木質状に固くなります。冬に地上部はほぼ枯れますが、暖地では多少葉が残ることもあります。丈夫で花期が長く、ボリュームが出るため有料ガーデンでよく見られます

  • 難易度: 丈夫な花です
  • 日照量: 日当たりの良い場所を好みます。半日陰でも育ちますが倒れやすくなります
  • 水分量: 適湿を好みます
  • 耐寒性: 耐寒性は比較的強いですが、土が凍るような寒冷地では保護が必要です

サルビア インディゴ・スパイヤーズの育て方

丈夫であまり手間がかかりません。日当たりと水はけの良い場所を好みます。大きくなるので広い場所に植えましょう。鉢植えの場合は水切れに注意がいります。暖地では屋外で普通に冬越ししますが、寒さにはそれほど強くないので寒冷地では保護がほしいです

  • 管理:枯れた花は切り取ります。成長が早く、背が高くなりやすいので台風シーズン前に草姿が乱れていたら切り戻して秋に咲かせましょう
  • 肥料:初夏に緩効性肥料を与えます
  • 病害虫:ほとんど発生しません

サルビア インディゴ・スパイヤーズのアレンジ

洋風や自然風の庭に合います。背が高くなるのでボーダーガーデンの後方に向いています。花壇の中ほどに植える場合は、切り戻してやや低めの背丈で咲かせましょう。やや野趣があるので自然風の庭に植えるとよく調和しますが、整形花壇には使いづらいでしょう

サルビア インディゴ・スパイヤーズの主な品種

ファリナセアがそうであるように、個体差、あるいは環境によると思われますが紫が強い花色と青が強い花色があります

その他の写真


背丈ぐらいに成長した姿。ボリュームが出て迫力があります

サルビア インディゴ・スパイヤーズの個人的な印象

オススメ度:80%
大きく育てて魅力が出る花。広い場所で伸び伸び育てたいところです。切り戻しながらコンパクトに育てることもできますが、本来の魅力は発揮できません

コメント

  • ファリナセアの花つきの良さと、ロンギスピカータの強健さや成長の速さを受け継いでいます
  • 品種名は「Indigo spires」なので複数形の「インディゴ・スパイヤーズ」と呼ぶのが正確なのでしょうが、なぜか「インディゴ・スパイヤー」と単数形で呼ばれるほうが多いです。個人的にはこのような外国語の読みに関してうるさく言うのは好きではないのですが、品種名の意図はインディゴ色の尖塔(spire)が「複数」たつという意味ではないかと思うので、スパイヤーと単数形で読むのはやはりおかしいかな…と個人的に思います

戻ります