本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

シラサギカヤツリ

戻ります

シラサギカヤツリのデータ

花色:白
学名:Rhynchospora
別名:シラサギスゲ
科名:カヤツリグサ科
分類:夏緑〜半常緑多年草
原産地:北アメリカ
大きさ:背丈25〜50cm 横幅15〜30cm
主な見所:花(7〜10月)

シラサギカヤツリの特徴

長く伸びた花茎の先に白い苞を広げた姿は、水辺で育つことと相まってとても涼しげな印象です。花は目立ちませんが、苞の部分は長く白色を保つので花もちに優れています。繊細な姿のわりにとても丈夫な植物で、水切れにさえ気をつければ放任でも花を咲かせてくれる性質もうれしいです。鉢に単植することが多いですがミニビオトープにも用いられます

  • 難易度: とても丈夫な花です
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます
  • 水分量: 水を好みます
  • 耐寒性: 南関東以南では問題ありません。水が凍る地方では保護をします

シラサギカヤツリの育て方

とても丈夫です。日当たりのよい場所を好みますが、半日程度日の当たる程度でも花は咲きます。水を好むので抽水栽培すると元気に育ちます。鉢植えの場合は腰水栽培すると水切れの心配が減り、楽に育てられます

  • 管理:苞の色が褪せたら元から切り取ります
  • 肥料:春先に緩効性肥料を与えれば十分です
  • 病害虫:ほとんど発生しません

シラサギカヤツリのアレンジ

自然風の庭に合います。水辺の縁などに同種で郡植して植えると雰囲気がよいです。スラっとした姿が魅力なので鉢植えの場合も、他種と寄せ植えするよりも単植して楽しんだ方が良いと思います

シラサギカヤツリの主な品種

品種立てて販売されていません

シラサギカヤツリの個人的な印象

オススメ度:80%
涼しげな姿と丈夫な性質は魅力的。畑土でも育ちますが、やはり水辺と合わせたいところです

戻ります