本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

センテッドゼラニューム

戻ります

センテッドゼラニュームのデータ

花色:赤ピンク赤紫白
学名:Pelargonium
別名:ニオイテンジクアオイ
科名:フウロソウ科
分類:常緑多年草
原産地:南アフリカ
大きさ:背丈30〜100cm 横幅30〜80cm
主な見所:花(5〜7月)※ゼラニュームではなくペラルゴニュームに近い咲き方

センテッドゼラニュームの特徴

香りの強いペラルゴニュームの仲間(主にP.graveolensの改良交配品種)を総称してセンテッドゼラニュームと呼んでいます。芳香があるのは葉で、品種によりローズ、レモンなど様々な種類があります。そのかわり花はペラルゴニュームに比べると地味で、花つきがやや悪く花期も短めです。葉は切れ込みの浅い品種と深い品種があります。一部の品種は蚊が嫌がる匂いを出すといわれ「蚊連草」の名でも販売されています

  • 難易度: 乾燥気味に育てます
  • 日照量: 日向を好みますが、夏の西日はなるべく避けます
  • 水分量: 乾燥した環境を好み、過湿では花つきが悪化します
  • 耐寒性: 強い霜に当てないようにしますが、南関東以南であれば屋外でも大丈夫

センテッドゼラニュームの育て方

日当たりと水はけの良い、やや乾燥した環境が適地です。条件が悪いと下葉が落ちて姿が悪くなります。特に水はけについては用土を改良するなどして十分配慮しましょう。水やりも土の表面がよく乾いてから与えるようにします

  • 管理:枯れた花や葉は摘み取ります。挿し芽が楽にできるので、姿が悪くなったら挿し芽で更新します
  • 肥料:緩効性肥料を控えめに与えます
  • 病害虫:被害は少なめです。過湿による根ぐされに注意

センテッドゼラニュームのアレンジ

洋風の庭に合います。鉢植えの場合は、単独で植えるほか、乾いた環境を好むハーブ同士で寄せ植えします。葉の形は独特ですが、それほど合わせる植物は選ばないでしょう。性質は地植え向きではありませんが、土壌改良等をしっかり行えば可能です

センテッドゼラニュームの主な品種

香りの違いで多くの品種が出回っています。花色も品種により様々でローズ・レモン・アップル・シナモン・ナツメグなどがあります。頻繁ではありませんが斑入り品種もそれなりに見かけます


「アップル」
ポピュラーな品種。リンゴの香りがします。小さめの白花。葉の切れ込みが浅くゼラニュームの葉に近い印象


「クロリンダ」
比較的ポピュラーな品種。交配種で様々な香りがします。花色は濃ピンクで葉の切れ込みは浅め


「ストロベリーレモン」
香りもありますが、白い斑入り葉を楽しむ品種。花色は赤紫で葉の切れ込みは浅め


「ピーコック」
香りもありますが、白い斑入り葉を葉を楽しむ品種。花色は赤紫で葉の切れ込みはやや深め

センテッドゼラニュームの個人的な印象

オススメ度:55%
ドライな庭や、ハーブガーデン向きの花。花つきが悪くアレンジには使いづらいので、花を楽しみたいなら無難にペラルゴニュームかゼラニュームを選びましょう

コメント

  • 「蚊連草」の効果は実感できるほど強いものではないように思います
  • 寒さに比較的強いといっても、強い霜や凍結あうとあっけなく枯れることがあります。冬は乾かし気味に管理します

仲間の花

戻ります