本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

セリンセ

戻ります

セリンセのデータ

花色:
学名:Cerinthe major
別名:セリンセ・マヨール、セリンセ・マヨル
科名:ムラサキ科
分類:秋まき一年草
原産地:南ヨーロッパ
大きさ:背丈20〜60cm 横幅15〜50cm
主な見所:花(4〜6月)

セリンセの特徴

比較的珍しい花でしたが、最近はタネや苗でもよく見かけるようになりました。花は垂れ下がるように咲き、濃い紫〜赤紫色の苞がシックな印象を受けます。また黄色や赤紫〜紫の花筒も見え隠れして花色に変化を与えています。葉は楕円形で葉柄はありません。葉色は灰緑色で、ときに白い斑のようなものが入ることもあります。茎は直立し、株元付近で枝分かれします

  • 難易度: 放任気味のほうがよく育ちます
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます
  • 水分量: やや乾燥した環境を好みます
  • 耐寒性: 南関東以西の暖地では屋外で越冬します

セリンセの育て方

日当たりと水はけの良い場所に植えます。やや乾燥した環境を好みジメジメは苦手です。地植えで放任栽培したほうが大きく立派に育ちますが、寒さにあまり強くないので、内陸部など強い霜が降りる地方では鉢植えにして霜よけ下で越冬します

  • 管理:特に管理はいりません。摘心も特にしなくてもよいです。茎がよく伸びた場合は、四方を囲う低い支えを作るとまとまります
  • 肥料:元肥に長期間効果のある緩効性肥料を与えます
  • 病害虫:ほとんど発生しません
  • タネから

    発芽率は悪いですが、育苗は普通。直まきでも育ちます

セリンセのアレンジ

洋風や自然風の庭に合います。シックな印象で主役というよりも引き立て役に向いています。あまりまとめて一ヶ所に植えないで、ポイント的に用いるとよいかもしれません。締めて育てるとかわいらしく咲きますが、適した環境だと巨大化するのでバランスを取るのが難しいです

セリンセの主な品種

花色違いの品種がいくつかあり、特に暗紫色の品種がよく出回っています
原種に近い黄色の花も少ないながら販売されています


「プルプラスケンス」
暗紫色の花を咲かせる代表的な改良品種

その他の写真


花の咲き進む際の変化もセリンセの魅力の一つです

セリンセの個人的な印象

オススメ度:60%
よく見かけるようになりましたが、初心者には使いどころが難しい花です。パッと見で綺麗というわけではないので、アレンジでは中級者以上向けでしょう

コメント

  • 園芸書などでは寒さに強い・寒さに弱いという相反する記述があるようです。どちらにしろ、原産地(南ヨーロッパ)を考えれば暖地でも霜よけ程度はしたほうが安全だと思います

戻ります