本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

セントーレア


モンタナ


ピンクダスティミラー


ニグラ

戻ります

セントーレアのデータ

花色: 葉色:
学名:Centaurea
別名:宿根ヤグルマギク
科名:キク科
分類:半常緑〜常緑多年草
原産地:ヨーロッパ・西アジア他
大きさ:背丈50〜100cm 横幅35〜100cm
主な見所:花(5〜8月)、葉(周年)

セントーレアの特徴

一年草のヤグルマギクやスイートサルタンなども同じセントーレア属の仲間ですが、単にセントーレアといった場合、園芸では多年性のもののみを指すことが多いです。種類が多数ありますが、宿根ヤグルマギクと呼ばれるブルー花のモンタナやピンク花のデアルバータ、シルバーリーフのピンクダスティミラーやマジックシルバー、セントーレア・ニグラ、黄色花のオウゴンヤグルマギクなどが出回ります。姿はそれぞれ異なりますが、丈夫でやや暑さに弱い性質は共通しています

  • 難易度: 高温多湿に弱く夏越しが難しいです
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みますが、半日陰でも育てられます
  • 水分量: 適湿を好みます
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

セントーレアの育て方

日当たりと水はけのよい場所で育てます。涼しい時期はとても丈夫な花なので、条件のよい場所に植えられれば、あとは花がら摘み程度の放任栽培でよいです。ただ、高温多湿に弱いところがあるので風通しのよい涼しい場所に植えたいです。条件がやや悪い場合は水はけの確保をきちんと行います

  • 管理:花がらは切り取ります
  • 肥料:春と秋に緩効性肥料を与えます
  • 病害虫:ほとんど発生しません

セントーレアのアレンジ

洋風や自然風の庭に合います。モンタナやデアルバータなど花を楽しむ宿根ヤグルマギクの仲間はペレニアルガーデンに向いています。美しいながらも派手ではなく、他の花とも合わせやすいです。ピンクダスティミラーは条件がよければ下葉が枯れにくいので、地植え用のシルバーリーフとして優秀。大きくなるので鉢植えには向きません。ニグラはアザミに似たやや個性的な花なのでワンポイントに向いています

セントーレアの主な品種

いくつかの種類があり、それぞれに個性があります

モンタナC. montana
青い花弁がとても細くて変わった感じの花ですが、開花最盛期はとても綺麗です


モンタナの白花種と赤紫種



デアルバータC. dealbata
モンタナに似た形のピンク花で、羽状の葉が特徴。比較的大型になります



ピンクダスティミラーC. gymnocarpa?
冒頭写真も参照。美しいシルバーリーフ。丈夫で下葉が枯れにくいですが、シロタエギクよりも大型になりやすく小さな寄せ植えではもてあますことがあります。花色はピンク。やや寒さに弱いので強い霜に当てないように注意



マジックシルバーC. cineraria
ピンクダスティミラーと比べるとやや葉幅が広いです。花色は黄色


ニグラC. nigra
冒頭写真参照。やや小さめのアザミのようなピンク花を多数咲かせます。あまり一般的な花ではありません


オウゴンヤグルマギクC. macrocephala
アザミに似た大輪の黄色花です

セントーレアの個人的な印象

オススメ度:70%
モンタナやピンクダスティミラーは比較的丈夫でお勧め。特にピンクダスティミラーは条件のよい場所の地植え用のシルバーリーフとしての実力はかなり高いです。高温多湿に弱く夏越しが難しいのが難点

コメント

  • 高温多湿に弱い種類が多く、南関東以西の暖地では宿根草として安定して育てられないのが残念な所。モンタナはそれなりに丈夫ですが、それでも条件が悪いとあっさり枯れてしまいます

戻ります