本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ラムズイヤー

戻ります

ラムズイヤーのデータ

葉色:  花色:
学名:Stachys byzantina
科名:シソ科
分類:常緑多年草
原産地:西〜中央アジア
大きさ:背丈40〜80cm 横幅25〜60cm
主な見所:葉(春・秋)、花(5〜6月)

ラムズイヤーの特徴

白い毛が葉や茎に生え全体が銀色っぽく見えます。カラーリーフやハーブとしてよく販売されていますが、見た目通り高温多湿に弱く暖地ではやや栽培難易度が高めです。葉には長めの白い毛が密生し、さわり心地が柔らかくやや肉厚です。ロゼット状の株から長い花茎を直立させて咲かせます。花はピンク花ですが、あまり目立つ花ではありません。暖地でも条件さえ整えれば夏越しは可能です

  • 難易度: 夏越しは難しいです
  • 日照量: 午前中だけ当たるぐらいがちょうどよいです。日陰には向きません
  • 水分量: 乾燥した環境を好みます
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

ラムズイヤーの育て方

必ず水はけのよい場所に植えます。日当たりは半日ぐらいあたる程度でよいです。高温多湿に弱く、上記の条件を満たし風通しをよくして高植えにすると夏越しの成功率は高まります。鉢植えの場合は夏に雨の当たらない涼しい場所に置きます。涼しい季節はむしろ丈夫で、あまり気を使わず育ちます

  • 管理:花が終わったら早めに花茎を切り取ります。冬や夏に枯葉を整理してなるべく風通しをよくしておきます
  • 肥料:春と秋に緩効性肥料を控えめに与えます
  • 病害虫:害虫よりも多湿による根ぐされ等に注意

ラムズイヤーのアレンジ

洋風の庭やハーブガーデン、常に乾き気味なロックガーデンなどに向いています。自然風や和風の庭にはあまり向いていません。個性的な姿ですが他の花と合わせにくいことはないと思います。花期が合うバラとは定番の組み合わせです。夏場に葉が汚くなったり少なくなったりするのは問題になりやすいので、条件の悪い場所に無理な導入はしない方が無難でしょう

ラムズイヤーの主な品種

普通のシルバー葉がよく出回ります。矮性種やライム葉種などもありますが、店頭で出回ることはあまりありません

その他の写真


ふわふわの葉のアップ。手触りもモフモフです


花のアップ。花はよく咲きますがあまり目立ちません。やはり美しい葉色がラムズイヤーの持ち味です


水滴のついた様子。シメジメさせないようにしましょう

ラムズイヤーの個人的な印象

オススメ度:50%
いわれているほど極端ではないのですが、やはり夏の高温多湿には弱いです。特別な思い入れがなければ他のカラーリーフを使った方がよいかもしれません

コメント

  • よく増えるので、株分けなどで保険の株を作っておくと良いでしょう
  • 高温それ自体にはそれほど弱くはないので、乾燥気味に保てばなんとかなります

仲間の花

戻ります