本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ライア エレガンス

戻ります

ライア エレガンスのデータ

花色:
学名:Layia elegans
別名:カリフォルニアデージー
科名:キク科
分類:秋・春まき一年草
原産地:北アメリカ
大きさ:背丈30〜50cm 横幅20〜35cm
主な見所:花(5〜8月)※タネまきの時期によって変化します

ライア エレガンスの特徴

2色に咲き分ける小さめの花と、切れ込みの多い柔らかな葉が特徴です。ワイルドフラワーの種などに同封されていることが多く、やせ地でも育つ丈夫な花です。見た目の印象は野に咲く花で、自然で優しげな雰囲気が持ち味。秋まきが基本ですが春まきも可能で、春まきは背丈が低めに咲きます。タネ以外ではほとんど出回りませんが、切花で見かけることもあります

  • 難易度: 条件に合えば放任で育ちます
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます
  • 水分量: やや乾燥した環境を好みます
  • 耐寒性: 耐寒性は強いですが、土が凍るような地方では霜除けをした方が安全です

ライア エレガンスの育て方

日当たりと水はけがよい場所にタネをまきます。通常は直まきで構いません。乾燥した風通しのよい場所を好みます。土はやせてるほうが徒長しません。育てるというより、環境にあったら自然と咲くという心持ちでいるとよいかもしれません

  • 管理:放任で育てます
  • 肥料:多肥は好まないので、よほどのやせ地でない限り与えなくて構いません
  • 病害虫:ほとんど発生しません

ライア エレガンスのアレンジ

ワイルドフラワーガーデンに向きます。空き地で、条件に合う場所があればタネをまいてみるのも楽しいでしょう。花はやや小さめでそれほど目立ちません

ライア エレガンスの主な品種

これといった品種はないようです

ライア エレガンスの個人的な印象

オススメ度:50%
条件に合えば手間もなく花が咲きますが、環境が合わないと自然に消えてしまうことも多いです。小さめの花で花色も大人しめですが、全体的な見た目は野性的な印象です

コメント

  • 高温多湿の日本で、あえてこの花を狙って育てる意味は乏しいかもしれません

戻ります