本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ミヤコワスレ

戻ります

ミヤコワスレのデータ

花色:ピンク青紫青白
学名:Aster savatieri
科名:キク科
分類:常緑多年草
原産地:園芸品種(原種は日本、東アジア)
大きさ:背丈5〜15cm(花茎20〜45cm) 横幅15〜20cm
主な見所:花(4〜5月)

ミヤコワスレの特徴

山野に自生のあるミヤマヨメナから改良された園芸品種。ロゼット状の低い株から長い花茎を伸ばしてシンプルな花を咲かせます。もともと花もちがよいうえ、出回っている改良種は分枝性に優れているので長期間花を楽しめます。葉は濃緑のシックな印象で和風の庭によく似合います。ロゼット状のときの草丈は前景向きですが、花の咲く時期の背丈はかなり高くなるので前景に植えづらい面があります

  • 難易度: とても丈夫な花です
  • 日照量: 半日陰でも花を咲かせます
  • 水分量: 少し湿ったところを好みます
  • 耐寒性: 関東地方以南では問題ありません

ミヤコワスレの育て方

日向〜半日陰の少し湿った場所に植えれば後は放任でかまいません。肥沃な土を好むので、定植の際に腐葉土や堆肥をよく混ぜておくと生育や花つきに違いがでます。乾燥に弱いので鉢植えの場合は水切れに注意します

  • 管理:終わった花茎は切り取ります。秋に株分けできます
  • 肥料:春と秋に緩効性肥料を与えます
  • 病害虫:特にこれといった被害はありません

ミヤコワスレのアレンジ

野趣があるので鉢植えよりも地植えがよく合います。花のない期間は背丈が低いので前景に植栽したくなりますが、花の咲いている間は背丈が比較的高くなるのでそのあたりを考慮しましょう。低木〜中木の根じめにも向きます

ミヤコワスレの主な品種

花色違いや、花つきのよい改良品種が出回ります


「江戸紫」
花つきのよい改良品種。紫の花が咲きます

「浜乙女」:花つきのよい改良品種。ピンクの花が咲きます



ミヤマヨメナ
ミヤコワスレの原種。花弁はやや紫がかる白色。店頭に出回ることはほとんどありません

その他の写真


冬の姿。ロゼット型で、春に一気に花茎をのばして花を咲かせます

ミヤコワスレの個人的な印象

オススメ度:85%
丈夫で半日陰でも花を咲かせてくれます。花もちもよいです

コメント

  • 楚々とした原種も良いのですが、分枝性に優れた改良品種は特におすすめです

戻ります