本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

マーガレット


戻ります

マーガレットのデータ

花色:ピンク黄色白
学名:Argyranthemum
別名:モクシュンギク
科名:キク科
分類:常緑多年草
原産地:カナリア諸島(北アフリカ)
大きさ:背丈20〜50cm以上 横幅25〜40cm以上
主な見所:花(3〜7月)※環境が良ければ秋〜冬も咲きます

マーガレットの特徴

花はひと目でキク科とわかるスッキリした形。大きすぎず小さすぎず絶妙な大きさだと思います。花色は白のほかにピンクや黄色も出回ります。葉には別名の通りシュンギクのような深い切れ込みが入り、花とよく調和しています。鉢植えやポット苗で出回りますが、長年育てていると茎が木質状になり比較的大きくなります。暑さや寒さに少し弱いですが、丈夫で育てやすく環境がよければあまり手間はかかりません

  • 難易度: 環境によって生育に差が出やすいです
  • 日照量: 秋〜初夏は日当たりのよい場所を好みます。真夏は半日陰に置きます
  • 水分量: 適湿を好み、過湿は苦手です
  • 耐寒性: 強い霜にあうと弱りますが、暖地では屋外で冬を越します

マーガレットの育て方

初夏までは日当たりと水はけのよい場所に植えれば楽に育ちます。梅雨〜真夏の期間が苦手なので、なるべく雨の当たらない涼しい場所に置ければ夏越しが容易になります。それが難しい場合は蒸れないように株をすっきりさせます。性質上庭植えにせず、鉢植えにして環境にあった場所に移動できるようにしたほうが無難ですが、条件の良い場所なら庭植えで大きくするのも楽しいです。何回か夏越しや冬越しをさせると性質が丈夫になっていきます

  • 管理:花がらは切り取ります。夏になる前に蒸れない程度に切り戻し、枝を透かすと夏越しが容易になります
  • 肥料:春・秋に緩効性肥料を与えます。開花中は適度に液体肥料を与えます
  • 病害虫:開花中はアブラムシが発生しやすいです

マーガレットのアレンジ

寄せ植えでも使えないことはないのですが、大きくなり一株でも見栄えがするので鉢植えにして自由な場所に置けるようにしたほうがよいでしょう。それでも寄せ植えに使いたい場合は、大きく成長しない秋〜春の間で使うと管理が楽です。条件のよい暖かい場所なら、地植えにして宿根草のように使うこともできます

マーガレットの主な品種

主にフルテスケンス(A.frutescens)から改良されたものが出回っています。花の形は一重咲きのほか、八重咲き、丁字咲き種が出回ります。様々な園芸種がありますが、花色や花の形を店頭で確認して購入するのが確実です


丁字咲き品種


八重咲き品種


「ジャイアントピンク」
花が大きなピンク花の品種


「マックスマム」
こんもり大きく育つ品種。花色は写真の黄色の他、赤〜ピンク、白色があります

マーガレットの個人的な印象

オススメ度:85%
適地に植えれば丈夫に育ち、手間も花がら摘み程度です。くせが少ない花の形や草姿は、どこに置いても楽しめます

戻ります