本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

マツバギク

戻ります

マツバギクのデータ

花色:ピンク赤紫オレンジ黄色白
学名:Delosperma/Lampranthus
別名:耐寒性マツバギク
科名:ツルナ科
分類:常緑多年草
原産地:南アフリカ周辺
大きさ:背丈10〜20cm 横幅20〜100cm以上
主な見所:花(5〜9月)※初夏が最盛期

マツバギクの特徴

2種類出回っており、耐寒性マツバギクとも呼ばれる寒さに強いデロスペルマ系の品種と、耐寒性の低いランプランツス系の品種に分かれています。キク型の花を初夏を中心に秋まで断続的に咲かせます。赤やオレンジ、黄色、白など花色が豊富にありますが、実際によく見かけるのはデロスペルマのピンク花のレイコウです。葉は多肉質で密につき、品種によって葉幅が多少異なります。株はほふく性で横に広がっていきます。見た目どおり乾燥にとても強い花です

  • 難易度: 水やり等のメリハリが大事。育成環境にも大きく左右されます
  • 日照量: カンカン照りでも平気です
  • 水分量: 乾燥した環境を好みます
  • 耐寒性::デロスペルマ系の品種は陽だまりなら屋外でも冬を越せます
        :ランプランツス系の品種は霜には当てないように管理します

マツバギクの育て方

日当たりと水はけがよく、開けた風通しのある場所を好みます。この条件が満たせない場合は美しく育てるのは難しいです。やせ地でも問題なく育ち過保護にする必要はありません。2種の間で耐寒性がかなり違うので用途によって使い分けましょう

  • 管理:放任でよいです
  • 肥料:肥料はほとんど必要ありません。多肥を嫌います
  • 病害虫:ほとんど発生しません

マツバギクのアレンジ

環境の好き嫌いが激しいので使い道は限定されますが、その分植栽場所を悩まなくても済みます。直射光がよく当たる乾燥しやすい場所に植えれば、あとは放任でも姿がまとまります。寄せ植えには向いていません

マツバギクの主な品種

耐寒性が強いデロスペルマ系と、耐寒性が低いランプランツス系の2種類が出回っています

デロスペルマ系(Delosperma)

よく出回っているマツバギク。耐寒性が強く育てやすいです


レイコウ(D.cooperi)
おなじみのピンク花で耐寒性に優れ、性質も丈夫です


「ラベンダーアイス」
薄いピンク花の園芸品種。節が短めで詰まって育ちます



コンゲンスタム(D.congestum)
小さめの黄色花。矮性であまり大きくなりません



ランプランツス系(Lampranthus)
赤花の品種。デロスペルマに比べ耐寒性に劣るので注意

その他の写真


デロスペルマ系の品種は冬に紅葉します

マツバギクの個人的な印象

オススメ度:55%
適地であれば育てるのが容易で手間もかかりません。むしろ、特別な管理を必要とするような場所には使わないほうが無難です

コメント

  • 寒さに弱いように見えますが、デロスペルマ系のマツバギクは予想以上に耐寒性があり、経験上、関東以西の暖地程度の寒さで枯れることはありません
  • 日差しがないと花が綺麗に開きません

戻ります