本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

コモンセージ

戻ります

コモンセージのデータ

花色: 葉色:
学名:Salvia officinalis
科名:シソ科
分類:常緑多年草(常緑亜低木)
原産地:地中海沿岸
大きさ:背丈30〜70cm 横幅20〜80cm
主な見所:花(7〜9月)、葉(周年)

コモンセージの特徴

セージにはたくさんの種類がありますが、店頭で単に「セージ」の名で売られているものはコモンセージ(サルビア・オフィシナリス)の仲間であることが多いです。他の種類に比べ純粋にハーブとしての利用が多いことが影響していると思います。ハーブガーデン以外では緑葉のコモンセージはほとんど用いられず、様々な斑入り種や葉色の品種がよく使われています。夏に紫の花を穂状に咲かせます。斑入り種の花つきはあまりよいほうではありません。葉には細かい毛が生え白っぽくみえます。触るとふさふさした感じです。株は枝分かれしつつ大きくなり、枝は木質化します。重要なハーブのひとつで肉料理やハーブティーに用いられます

  • 難易度: 夏越しが難しいです
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます
  • 水分量: ジメジメした環境は苦手です
  • 耐寒性: 南関東以西の暖地では屋外でも冬を越しますが、強い霜は苦手です

コモンセージの育て方

日当たりと水はけよい場所を好みます。ジメジメした環境を嫌うので風通しを良くします。高温多湿にも弱く、鉢植えの場合は雨の当たらない半日陰で乗り切ります。地植えの場合も真夏の直射光は避けられると夏越ししやすくなります

  • 管理:枯れた花は切り取ります、伸びすぎると下葉が枯れやすくなるので春や秋に切り戻しを行います。梅雨の前に混んでいる部分の枝を多少透かして風通しを良くします
  • 肥料:控えめに緩効性肥料を与えます。チッ素肥料の与えすぎはよくありません
  • 病害虫:たまにコナジラミが発生します

コモンセージのアレンジ

ハーブガーデンに用います。ゴールデンセージは明るい葉色で洋風の花壇や寄せ植えでも使えます。正直なところ夏に姿が乱れやすくアレンジには使いづらいです。風通しと水はけの良い場所なら使う価値はあると思います

コモンセージの主な品種

いくつかの葉色や斑入り種が出回っています。あまり見かけませんが白花種もあります


「ゴールデンセージ」
黄色の斑入り葉種。花は咲きにくいです


「トリコロール」
白と赤紫の斑入り葉種。花は咲きにくいです


コモンセージ
緑葉の普通種。斑のない普通種は店頭ではなかなか出回りません。ハーブガーデンで見かける程度

コモンセージの個人的な印象

オススメ度:45%
涼しい時期は綺麗ですが、丈夫ではないうえ夏の美しさももうひとつなので、ハーブガーデン以外ではそれほど利用価値はないと思います

コメント

  • 暑さや多湿に弱いうえ、下葉も枯れやすいです。それなりの条件を整えても長期維持はかなり難しい印象。イングリッシュラベンダーと性質が似ています

戻ります