本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

キチジョウソウ

戻ります

キチジョウソウのデータ

花色:白
学名:Reineckea carnea
科名:キジカクシ科
分類:常緑多年草
原産地:日本・東アジア
大きさ:背丈25〜35cm 横幅25〜35cm
主な見所:花(10〜11月)、葉(周年)

キチジョウソウの特徴

楚々とした味わいのある花で、涼しくなってくる秋に咲かせます。地際から穂状の薄く紫がのった白い花を咲かせます。花後には赤紫の実ができます。株はロゼットでヤブランやジャノヒゲに似た雰囲気があり、日陰に強い性質も共通しています。日本にも自生のある花なのでとても丈夫で、日本庭園などによく用いられています。「吉」祥草の名があるので縁起ものの花としても知られています

  • 難易度: とても丈夫です
  • 日照量: 半日陰が適地ですが、乾燥しなければ日向や日陰でも育ちます
  • 水分量: 乾燥には弱いところがあります
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

キチジョウソウの育て方

とても丈夫な花で、やや水もちのよい肥沃な半日陰なら問題なく育ちます。強く乾燥させなければ日当たりのよい場所でも育ちますが葉焼けしやすくなります。日影でも育ちますが花つきは多少悪くなります。春と秋の株分けで簡単に増やせます

  • 管理:成長は早くはなく管理の手間がいらないです
  • 肥料:肥沃な土なら特に与えなくてもよいです。やせ地の場合は緩効性肥料を与えます
  • 病害虫:ほとんど発生しません

キチジョウソウのアレンジ

和風の庭によく合います。半日陰の根じめやグランドカバーに向いています。鉢植えにして山野草ぽく育てるのもいいですが、やはり地植えの方が性質的にも見栄え的にも合ってると思います

キチジョウソウの主な品種

斑入りの品種があります

キチジョウソウの個人的な印象

オススメ度:70%
丈夫で日陰地にも強いです。花はヤブランほど目立ちませんが、ジャノヒゲよりは見所があります

コメント

  • ヤブランやジャノヒゲ以外の変わった下草が欲しいときにぜひ

戻ります