本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

クフェア


メキシコハナヤナギ

戻ります

クフェアのデータ

花色:赤赤紫黄白
学名:Cuphea
別名:クサミソハギ
科名:ミソハギ科
分類:常緑多年草・常緑低木・一年草扱い
原産地:中央アメリカ
大きさ:背丈25〜50cm 横幅30〜50cm
主な見所:花(5〜11月)※真夏の花つきは悪いです

クフェアの特徴

クフェアと呼ばれて販売されるものは数種あり、赤紫〜白色の小さな花と照り葉のメキシコハナヤナギ、赤〜黄色のグラデーションなった筒状の花と細長い葉のハナヤナギ、赤く細長い筒状の花をつけるベニチョウジ(タバコソウ)などがあります。特徴はそれぞれ違いますが、育て方は似ています

  • 難易度: 丈夫な花ですが水切れに注意
  • 日照量: 日当たりのよい場所で育てます
  • 水分量: 水もちのよい土が適しています
  • 耐寒性: 室内で5℃以上で越冬します。南関東以西の暖地では霜除けすれば屋外でも冬越しする可能性もありますが確実ではありません

クフェアの育て方

日当たりのよい、少し湿りぎみの場所で育てます。肥沃な土を好みますが、チッソ分過多だと葉ばかりが茂るようになります。鉢植えは真夏に遮光したほうがよいです

  • 管理:普段は放任で構いません。枝が伸びすぎたら切り戻しを行えばこんもり咲くようになります
  • 肥料:春・初夏・秋に緩効性肥料を与えます
  • 病害虫:ほとんど発生しません

クフェアのアレンジ

洋風の庭に向きます。比較的暑い地方の花ですが見た目の暑苦しさはあまりないので、寄せ植えにも使いやすいです。メキシコハナヤナギは株が横に広がりやすいのでグランドカバーとして使われることもあります

クフェアの主な品種

園芸ではメキシコハナヤナギがよく出回っており、クフェアといえば普通はメキシコハナヤナギを指します。その他の種類は店頭ではあまり出回っていません


○メキシコハナヤナギ(C.hyssopifolia)
ヒソピフォリアとも呼ばれます。クフェアの中で一番よく出回っています。小さな赤紫〜白花を花つき良く咲かせます。葉は小さめで照りが強く、株は横に広がります


○ハナヤナギ(C.micropetala):ミクロペタラとも呼ばれます。筒状の細長い花で、ヤナギのように細長い葉をつけます


○ベニチョウジ(C.ignea):タバコソウ、あるいはイグネアとも呼ばれます。赤い筒状の細長い花を咲かせます



○グルチノーサ(C.glutinosa)
柔らかい印象のクフェア。ほとんど出回っていないため情報は少ないです。寒さに強く南関東以南なら屋外でも冬を越します

クフェアの個人的な印象

オススメ度:65%
少し地味ですが、花期が長く使い勝手は良好です

コメント

  • メキシコハナヤナギ以外の種類はあまり見かけなくなっています
  • 近年はメキシコハナヤナギの苗が安価でよく出回るようになり、インパチェンスのように一年草感覚で用いることができるようになりました

戻ります