本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

カーペットカスミソウ

戻ります

カーペットカスミソウのデータ

花色:白
学名:Gypsophila cerastioides
別名:オノエマンテマ
科名:ナデシコ科
分類:常緑多年草・一年草扱い
原産地:中央アジア(ヒマラヤ地方)
大きさ:背丈10〜15cm 横幅20〜40cm
主な見所:花(3〜6月)

カーペットカスミソウの特徴

白い可憐な花を咲かせます。カスミソウの仲間ですが一見そうには見えません。しかし、よく見ると花の形は多少大きいもののそっくりなのがわかります。カーペットの名の通り這うように育ちますが、成長はやや遅く広い面積をカバーすることはできません。繊細な見た目よりも丈夫な花です

  • 難易度: 比較的丈夫です
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みますが、夏は遮光したほうがよいです
  • 水分量: 水はけのよい土を好み、過湿は苦手です
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

カーペットカスミソウの育て方

日当たりと水はけのよう場所を好みます。酸性土を嫌うので植え付け前に苦土石灰などで中和します。夏越しさせる場合はなるべく涼しい場所に置きます。成功率は比較的高いです。根腐れ防止のため、高温時に雨が続くようなら軒下に移動したり、雨除けをしてやりたいです

  • 管理:終わった花は取った方がよいです
  • 肥料:春と秋に緩効性肥料を控えめに与えます
  • 病害虫:ほとんど発生しません

カーペットカスミソウのアレンジ

洋風の庭に合います。寄せ植えの前景に植えたり、ハンキングで垂れるように使うとよいでしょう。ただし、広い面をカバーすることはできませんのでポイントとして用います。クセのない白花はどのような花とも調和できます。地植えの場合はロックガーデンに向いています

カーペットカスミソウの主な品種

いくつか品種がありますが、店頭では品種名付きで出回ることは多くありません

カーペットカスミソウの個人的な印象

オススメ度:70%
株は小さいですが、とても丈夫で花も可憐です

コメント

  • 暖地では一年草扱いすることもありますが、条件が良ければ夏越しも十分可能です

仲間の花

戻ります