本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

カマッシア

戻ります

カマッシアのデータ

花色:白
学名:Camassia
別名:カマシア
科名:キジカクシ科
分類:秋植え球根
原産地:北アメリカ
大きさ:背丈50〜120cm 横幅20〜40cm
主な見所:花(4〜5月)

カマッシアの特徴

カマッシアにはいくつか種類がありますが、一般的には高性で花が美しいリヒトリニーがよく出回っています。花は整った一重で、花色は薄青から青紫と白があります。長い花穂を伸ばし、下から順に花が開いていくので花期は少し長め。秋植え球根の中では比較的遅咲きです。葉はやや幅が広い線状で、花とのバランスは良好です

  • 難易度: とても丈夫です
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます
  • 水分量: 適湿を好み、強い乾燥は苦手です
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

カマッシアの育て方

植え付けは10月ごろ、植えつけ深さは地植えで10cm程度、鉢植えは5cm程度の深さにします。日当たりと水はけと水もちのよい場所に植えます。花つきに劣りますが半日程度でも花は咲きます。植えつけ用土は肥沃で乾きすぎないものを使います。植えっぱなしの方が花つきがよくなります

  • 管理:下から順に咲いていくので終わった花は随時切り取ります。全部の花が終わったら花茎ごと切り取ります。通常は植えっぱなしで良いですが株が込み合ってきたら、葉が枯れたころに掘りあげて分球し秋に植えなおします
  • 肥料:元肥に長期間効く緩効性肥料を与え、花後はカリ分の多い肥料を与えます
  • 病害虫:ほとんど発生しません

カマッシアのアレンジ

洋風や自然風の庭に合います。大きくなり自然に増えるので、鉢植えではなく地植えに向いています。植えっぱなしでも花を咲かせてくれるので、ペレニアルボーダーの中〜後景に植えるて宿根草扱いのように見せることもできます

カマッシアの主な品種

一般的にはリヒトリニーをよく見かけます。その他の種類を見ることは多くありません


リヒトリニー(C.leichtlinii)
70〜120cm程度の大型の種。花色は青から薄青、白まであります

カマッシアの個人的な印象

オススメ度:75%
丈夫な秋植え球根で花も美しいです。自然風の植栽にも向きます。下から順に花が咲くので花期が比較的長めですが、その分満開にはなりません

コメント

  • それほど有名な花ではありませんが、アレンジに使いやすいお勧めの秋植え球根です

戻ります