本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

バーベナ

戻ります

バーベナのデータ

花色:赤ピンク赤紫紫青紫白
学名:Verbena
別名:ビジョザクラ、宿根バーベナ
科名:クマツヅラ科
分類:春まき一年草扱い・夏緑性多年草〜常緑多年草
原産地:北アメリカ〜南アメリカ
大きさ:背丈15〜25cm 横幅25〜50cm
主な見所:花(4〜11月)※一年草扱いのものは夏以降は花つきが悪化します

バーベナの特徴

一般的には耐寒性があまりない一年草扱いの品種郡が店頭に出回り、花色が豊富で花つきに優れた改良品種が特に人気があります。花は伸ばした茎に小さな花をたくさんつけて房状の花序になります。葉は品種によって羽状のものと楕円形のものがあり、細かな毛が生えています。株はほふくして伸び、伸びた茎の先に花を咲かせるので大きくなると株元がさびしくなりがちです
雰囲気がかなり異なりますが宿根草で背丈が1m近くなり、耐寒性のあるボナリエンシスやハスタータもナチュラルガーデンに人気があります

  • 難易度: 丈夫ですが、地植えは条件を選びます
  • 日照量: 日当たりのよい場所で育てます
  • 水分量: 適湿を好みます
  • 耐寒性: 保護すれば屋外でも冬を越せる場合もありますが基本的には一年草扱いです。宿根草として扱われるボナリエンシスやハスタータは関東以南では屋外で冬を越します

バーベナの育て方

日当たりと水はけのよい場所に植えれば初夏から晩秋まで長期間花が楽しめます。庭植えするなら事前に腐葉土や砂などを多めに混ぜて水はけを良くします。高温多湿には弱いのでなるべく風通しのよい場所に置きます。夏は花数が少なくなるので切り戻して蒸れさせないようにします。宿根草扱いのものは一年草扱いのものより丈夫で育てるのは楽です

  • 管理:終わった花は摘み取ります。株が伸びすぎたら元気な葉を残して切り戻します
  • 肥料:元肥のほか、開花中も液肥を与えて株が疲れないようにします
  • 病害虫:アブラムシやナメクジが発生するので駆除します。特に花をナメクジに食われやすいので注意します。宿根草タイプのものは病害虫に強いです

バーベナのアレンジ

横に伸びる性質を利用してハンキングやグランドカバーに用います。花つきが良いので単植しても綺麗です。赤色はビロードのような情熱的な印象ですが、一方で淡い花色は涼しげです。グランドカバーの場合は日当たりと水はけのよい条件に合った場所に植えないと汚くなりがちです
ボナリエンシスやハスタータはボーダーガーデンなどで高さを生かして使います

バーベナの主な品種

改良品種は花つきに大変優れています。素朴な宿根草扱いの品種も丈夫で人気があります


「花手毬」
ビビットな色合いが多いです。暑さに強く夏花壇によく似合います。葉は楕円形です。保護すれば南関東以西では冬越し可能ですが、一般的には一年草扱いにします


「タピアン」
比較的淡めの花色が多く、葉も羽状で繊細な印象です。花手毬と同じく一年草扱いにします



バーベナ・ボナリエンシス(V.bonariensis)
宿根タイプの高性バーベナ。比較的暑さにも強いので、水はけがよければ地植えでも丈夫に育ちます。ボーダーガーデンによく合います。花に蜜が多いのか蝶が集まりやすいです


「ロリポップ」
ボナリエンシスの矮性品種。姿は小さいですが、背丈50cm程度はあるので高性種よりはやや低い程度。普通種に比べ花序が大きめです



バーベナ・ハスタータ(V.hastata)
北アメリカ原産の宿根タイプのバーベナ。高性で大型になります。花は小さめで野趣があります。一般的には花色は紫ですが白花種も出回ります。ボナリエンシス同様に丈夫で花もよく咲きます

その他の写真


様々な花色が揃います

バーベナの個人的な印象

オススメ度:80%
真夏は開花が鈍りますが、花色豊富なうえ花つきも良いのはうれしい。宿根草タイプのものは夏も比較的元気です

コメント

  • 改良品種は値段が高いのですが美しく丈夫に育つので普通はこちらを求めます。それでも、秋遅くまで綺麗に咲かせるのは難しいかも しれません
  • ボナリエンシスは丈夫でオススメ。ハスタータは花が地味で玄人向きになります

戻ります