本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ペンタス

戻ります

ペンタスのデータ

花色:赤赤紫ピンク紫白
学名:Pentas
科名:アカネ科
分類:常緑低木
原産地:アフリカ原産
大きさ:背丈30〜100cm以上 横幅30〜100cm
主な見所:花(5〜11月)

ペンタスの特徴

以前は鉢花でしか出回りませんでしたが、花つきがよく夏の暑さや湿気に強いので、花壇や寄せ植えの素材としてポピュラーになりました。小さな星型の花を頂部にかたまって咲かせるのでよく目立ちます。花色は白やピンク、赤紫あたりが中心で、熱帯植物特有の派手さはあまりありません。葉は少し大きめの濃い緑で葉脈が目立ちます。株は立性でやや高くなりますが、ガーデンでは低めに調整します。もともと背丈が低い矮性種もあります。他の亜熱帯〜熱帯花木の多くが真夏に開花が鈍るのに対し、ペンタスは暑いほど元気です

  • 難易度: 難しいところはありません
  • 日照量: 真夏の西日は遮光したほうがよいです
  • 水分量: 適湿がよいですが、暑い時期は湿気にも強いです
  • 耐寒性: 室内に入れて5℃以上を保ちます。苗でも出回るので一年草扱いでもよいです

ペンタスの育て方

とても丈夫な花です。初夏や秋は日当たりの良い場所に置きますが、真夏の西日をまともに受けると弱りやすいので、できれば遮光するか午前中程度あたるようにします。土は水はけのよい肥沃なものがよく、あまり強く乾燥する場所はよくありません

  • 管理:終わった花は切り取ります。伸びすぎて姿が悪くなったら切り戻します。冬越しする場合はやや乾燥気味にして室内で管理します
  • 肥料:元肥を十分与えれば、あとはそのまま育ちます。開花の勢いが鈍ったら速効性肥料や緩効性肥料を与えて回復させます
  • 病害虫:ほとんど発生しません

ペンタスのアレンジ

洋風の庭に合います。丈夫で、花つきもよいので寄せ植えに用いられるようになりました。特に矮性種として改良されたものは使いやすいです。ただ矮性とはいえ横幅があるので、広めの鉢にゆったり植えつけましょう。花はよく目立ち、単植・郡植しても十分存在感があります

ペンタスの主な品種

あまり品種立てて販売されていません。花色を見て購入しましょう


赤紫花種と白花種

ペンタスの個人的な印象

オススメ度:95%
丈夫で、水やり以外は手間もかからず、管理を少なめにしたい夏の花としてオススメできます

コメント

  • 同じように苗で販売される熱帯〜亜熱帯花木のランタナやルリマツリに比べて暑さに強く、花つきが落ちません。サンタンカやニューギニアインパチェンスと同程度に強いです

戻ります