本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ブルーデージー

戻ります

ブルーデージーのデータ

花色:青白 葉色:斑入り
学名:Felicia amelloides/amoena
別名:ルリヒナギク
科名:ムラサキ科
分類:常緑低木(一年草扱い)
原産地:南アフリカ
大きさ:背丈20〜50cm 横幅20〜30cm
主な見所:花(4〜10月)※真夏の開花は冷涼地のみ、斑入り葉(春〜秋)

ブルーデージーの特徴

一重の青紫の花弁と中央の黄色の配色が目立ちますが、全体でみるとそれほど派手さはありません。やや長めの花茎を伸ばして咲かせます。ブルーの花も美しいですが、斑入り葉の品種が人気です。開花期間は長いですが高温多湿に弱く真夏の開花は鈍りがち。場合によっては枯れてしまうことも多く、暖地では一年草扱いもやむなしといったところです。花弁や葉が太めのアメロイデス種と、細めのアモエナ種が出回りますが店頭ではまとめてブルーデージーと呼ばれています。育て方は一緒なので問題は少ないです

  • 難易度: 夏越しを考えなければそれほど難しくはありません
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みますが、夏は半日陰のほうがよいです
  • 水分量: 高温時の過湿に注意
  • 耐寒性: 南関東以西の暖地では屋外でも冬越しできますが、保護なしだと確実ではありません。なるべく軒下の陽だまりなどの暖かい場所で管理したい

ブルーデージーの育て方

日当たりと水はけのよい場所に植えます。高温多湿に弱く蒸れると枯れやすいので、通風をよくしておきます。流通量が多いポピュラーな花ですが、夏越しを考えると位置づけの難しい花。冬越しも耐寒性が屋外で越せるかが微妙な位置にあるので注意が必要です。春に苗を買い初夏までの寄せ植え素材として使うなら難しい花ではありません

  • 管理:花がらは摘み取ります
  • 肥料:定植時に長期間効く肥料を、開花が盛んなときは液肥を与えます。真夏は施肥を控え株を休ませます
  • 病害虫:ほとんど発生しません

ブルーデージーのアレンジ

洋風の庭に合います。貴重な青系の花で、春〜初夏の寄せ植えの素材に用います。草姿や花の形が控えめでくせがなく様々な組みあわせが選べますが、熱帯風の花とは相性が良くありません

ブルーデージーの主な品種

白花種や斑入り種、黄緑葉種が出回ります


普通種の緑葉。見かける機会が少ないほど斑入り葉種が普及しています


オーレア種。出回る量は斑入り葉ほど多くありません

ブルーデージーの個人的な印象

オススメ度:60%
青の花色は貴重ですが夏の管理はやや大変な花です。冬越しも屋外では確実に越せません。春〜初夏までの一年草扱いとして考えるなら優秀な寄せ植え素材になります

コメント

  • 秋の開花は春から初夏のように綺麗には咲きません

仲間の花

戻ります