本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ウブラリア

戻ります

ウブラリアのデータ

花色:黄色
学名:Uvularia grandiflora
科名:ユリ科
分類:夏緑性多年草
原産地:北アメリカ
大きさ:背丈30〜50cm 横幅25〜50cm
主な見所:花(4〜5月)

ウブラリアの特徴

ねじれた、ひらひらとした薄黄色の不思議な形の花を、垂下げるように咲かせます。全体的な草姿は弱々しい印象ですが、半日陰でも育つ丈夫な花です。細めの茎を伸ばし、ユリを小さくしたような葉をつけます。茎は葉を突き抜けているように見えます。店頭には苗がほとんど出回りませんが、通販などでは比較的よく見かけます

  • 難易度: とても丈夫です
  • 日照量: 半日陰から明るい日陰を好みます
  • 水分量: 適湿を好みます。乾燥は苦手です
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

ウブラリアの育て方

半日陰の、水はけと水もちのよい肥沃な土の場所を好みます。多少花つきは落ちますが明るい日陰でも育ちます。日当たりの良い場所の場合は乾かさないこと。性質はとても丈夫ですから、適した環境なら放任で育ちます

  • 管理:タネができやすいので、できれば花がらは摘み取ります
  • 肥料:春と秋に緩効性肥料を与えます。花つきが良いようなら無理に与えなくて構いません
  • 病害虫:ほとんど発生しません

ウブラリアのアレンジ

ひとつひとつの花はそれほど派手ではないので自然風の庭に合います。大きな株になると花もたくさんつくようになるので、見栄えがするようになります。ペレニアルガーデンの中景や、中木などの根じめなどに向いています

ウブラリアの主な品種

黄色花が普通ですが、淡い黄色花の品種があります

ウブラリアの個人的な印象

オススメ度:65%
丈夫で良い花ですが、地味なので玄人向きです

コメント

  • 多少の日差しに耐えますが、半日陰や日陰で育てた方がこの花の魅力を引き出せます

戻ります