本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

アイスランドポピー

戻ります

アイスランドポピーのデータ

花色:赤オレンジピンクオレンジ黄白
学名:Papaver nudicaule
科名:ケシ科
分類:秋まき一年草扱い
原産地:北アジア(シベリア地方)
大きさ:背丈30〜50cm 横幅25〜40cm
主な見所:花(3〜5月)※暖かい地方では冬から咲きます

アイスランドポピーの特徴

薄い花びらが黄色やオレンジなど暖かい花色に染まって、いち早く春を告げます。花茎が長く伸び風になびきますが、茎が丈夫なので倒伏しにくいです。次々に蕾が上がってくるので開花期は少し長めで、切花もたくさん取れます。ロゼット状で株自体はこじんまりしています。本来は多年草ですが、日本の高温多湿に耐えられないので一年草扱いになります

  • 難易度: 日当たりと水はけがよければ丈夫に育ちますが、それ以外では難しいです
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます
  • 水分量: 水はけのよい土を好みます。乾燥にもやや弱いところがあります
  • 耐寒性: 耐寒性はとても強いです

アイスランドポピーの育て方

日当たりと水はけのよい、あまり乾燥しない場所なら楽に育てられます。さらに開けた風通しのよい場所がベストです。日当たりが悪かったり過度に乾燥するような条件だと生育が非常に悪くなります。移植に弱いので直まきが基本ですが、早春に苗が出回るので根を傷めないように十分注意して定植することもできます

  • 管理:花がら摘み以外は放任でよいです
  • 肥料:元肥の緩効性肥料のみで十分です
  • 病害虫:アブラムシが発生するので駆除します

アイスランドポピーのアレンジ

洋風の庭に合います。地植えに向きます。鉢植えでも育てられますがあまり向いていません。広い面積にたくさん植えて魅力を発揮する花で、寄せ植えにも使いにくいです

アイスランドポピーの主な品種

花色や花の大きさ、草丈の違いで様々な品種があります

その他の写真


草姿の全体。葉は切れ込みが深いです

アイスランドポピーの個人的な印象

オススメ度:50%
切花以外では一般的な庭であまり活躍できません。広い庭で真価を発揮する花です

コメント

  • 風に揺れるような動感が魅力で、開けた場所によく合います
  • アイスランドとありますが北アジア原産種で、アイスランドには自生はありません
  • 狭い庭の場合は無理に植栽せず、公園や有料ガーデンなどで大規模な花畑を観賞したほうが良いかもしれません。南房総などが有名です

戻ります