本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

オキシペタラム

戻ります

オキシペタラムのデータ

花色:
学名:Oxypetalum caerulemu
別名:ブルースター
科名:ガガイモ科
分類:常緑多年草
原産地:南アメリカ原産
大きさ:背丈40〜60cm 横幅25〜40cm
主な見所:花(5〜10月)※最盛期は初夏〜夏

オキシペタラムの特徴

星型のブルーの花を咲かせる切花でおなじみの花です。オキシペタラム、ブルースターどちらの名前でもよく出回っていますが、園芸ではオキシペタラムの名で出回ることが多いです
花は5弁の整った形、花色は美しいブルーですが状況によって濃淡が出て、咲き終わりにはやや赤や紫が混じります。ブルーの花色以外にもピンクや白があります。豪華に咲き揃うという感じではありませんが、長期間花を咲かせてくれます。株は地際付近から少なめに分枝します。葉は細めの三角形で薄く毛が生えています。半耐寒性とされ一年草扱いすることもあるそうですが、南関東以南では屋外で冬を越すことが多いです

  • 難易度: 比較的丈夫です
  • 日照量: 日当たりのよい場所で育てます
  • 水分量: 適湿を好みます
  • 耐寒性: 南関東では屋外で冬越ししますが、強い霜は避けた方がいいでしょう

オキシペタラムの育て方

日当たりと水はけのよい場所が適地です。直まきすることが多いので事前に土作りをしておきます。高温多湿にはやや弱いものの暑さそのものには比較的強く、夏越しの成功率は高いです。半耐寒性とされることもありますが、軽く保護してやれば南関東以南の暖地では屋外で普通に越冬します

  • 管理:タネをつけやすいので花がらはしっかり摘み取ります。株は自然に分枝しますが、横に倒れやすいので直立させたい場合は支柱で支えます
    肥料は春と秋に緩効性肥料を与えます
  • 病害虫:あまり心配いりません
  • タネから

    発芽率はやや悪いですが育苗はそれほど難しくありません
    直根性なので移植に弱く、直まきが基本です
    一年で咲くとされていますが春まきの当年開花や秋まきの翌年開花は難しいです

オキシペタラムのアレンジ

倒伏しやすく、まばらな感じで花や葉がつくのであまり寄せ植えに向いている花とは思えません。単独で鉢植えにするか、切花用にまとめて郡植したほうがよいかもしれません
花壇など広い場所では他の花と合わせるのも楽しいです。ただし一年草感覚でタネをまくと当年は開花しなかったということがあるので注意します。ブルーの花色は一見目立つように感じますが、花壇の中ではそれほどでもなく調和役にも使えます

オキシペタラムの主な品種

ピンクや白、八重咲きなどの品種があります

オキシペタラムの個人的な印象

オススメ度:50%
見た目よりも比較的丈夫な花で放任してもそれなりに花は咲きます。言われているほど寒さにも弱くはないです。タネからだと開花までには時間がかかります
個人的にはストレートに魅力が伝わる一重のブルー花が一番美しいと思います

コメント

切り口から出る白い液でかぶれることもあるそうなので、心配ならゴム手袋で剪定します

その他の写真


花からは想像できない、ガガイモ科らしい変わった形の実をつけます

戻ります