本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

アイビーゼラニューム

戻ります

アイビーゼラニュームのデータ

花色:赤ピンク赤紫白
学名:Pelargonium peltatum
科名:フウロソ科
分類:常緑多年草(常緑亜低木)
原産地:南アフリカ
大きさ:背丈20〜30cm 横幅30〜cm(ほふく性)
主な見所:花(4〜11月)※真夏の開花は鈍ります

アイビーゼラニュームの特徴

横に広がる草姿と、アイビーのように緩い切れ込みの入った変わった形の葉が特徴で、様々な種類があります。花や株がゼラニュームに近い雰囲気のものと、センテッドゼラニュームやぺラルゴニュームに近いものがあります。園芸上では草姿がほふくするものをまとめてアイビーゼラニュームと呼んでいるようです。そのため性質や姿が多少幅があります。店頭で並ぶような一般的な品種の性質はゼラニュームに近く、比較的丈夫で四季咲き性も強いです

  • 難易度: 丈夫な花ですが、ゼラニュームほど簡単ではありません
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます
  • 水分量: ジメジメした環境は苦手です
  • 耐寒性: 南関東以西の暖地では霜よけすれば冬越し可能です。凍結に注意

アイビーゼラニュームの育て方

基本的にゼラニュームと同じ育て方で問題ありません。日当たりと水はけのよい場所に植えます。乾燥を好み、湿った環境では枯れないまでも下葉が落ちたり徒長したり、花つきが悪化します。地植えもできなくはないですが、乾燥しやすいハンキングや吊鉢などに植えるほうが姿や性質的に合っています

  • 管理:伸びすぎたら切り戻します。下葉が枯れたり、大きくなりすぎて管理が難しくなったら挿し芽で更新します
  • 肥料:緩効性肥料を生育期に与えます。花つきがよい時期(春〜初夏・秋)は液肥も併用します。チッ素肥料は控えめに
  • 病害虫:ほとんど発生しませんが、たまに葉を食べるイモムシが出るので駆除します
  • タネから

    比較的タネからでも育てやすい花。発芽は良好。育苗も楽です。タネや苗が大きく、本葉が出てくるころには乾燥にも強くなるので水やりの管理も神経質にならず済みます

アイビーゼラニュームのアレンジ

洋風、特に南欧風のドライな庭には欠かせない存在ですが、葉が特徴的なので和風や自然風の庭には合いません。鉢植えやプランター、ハンキングや吊鉢で育てるのが普通です。地植えする場合は乾燥しやすい場所に植えます。石垣の上などが適地です

アイビーゼラニュームの主な品種

様々な品種が出回っています。ゼラニュームに近い雰囲気のものとセンテッドゼラニュームに近いものがあります。花や葉の切れ込み具合などから判断します


センテッドゼラニュームに近い草姿の品種。株はしっかり横に広がります


斑入り品種。他にも様々な葉芸のある品種がありますが、日本ではあまり出回りません

アイビーゼラニュームの個人的な印象

オススメ度:80%
ゼラニューム同様に丈夫で花つきがよいです。草姿のバリエーションと考えればよいでしょう

コメント

  • 挿し芽が簡単にできます。緑色の若い茎を切って挿せば簡単に根付きます
  • 寒さに比較的強いといっても、強い霜や凍結にあうとあっけなく枯れることがあります。冬は乾かし気味に管理します

仲間の花

戻ります