本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

イソトマ

戻ります

イソトマのデータ

花色:紫青紫白
学名:Isotoma axillaris
科名:キキョウ科
分類:常緑多年草(一年草扱い)
原産地:中央アメリカ
大きさ:背丈20〜35cm 横幅25〜40cm
主な見所:花(5〜10月)※真夏は開花が鈍ります

イソトマの特徴

澄んだ青紫の星型の花は、その柔らかい草姿とともに涼感があります。花色は他に白やピンクがあります。葉にはギザギザの切れ込みが入り、株はこんもりしやや横に広がります。初夏や秋は花つきもよく丈夫に育ちますが、高温多湿に弱く梅雨から夏は育てづらくなります。花も雨に弱いです。多年草ですがもともと短命なうえ、寒さに弱いため一年草扱いされることが多いです

  • 難易度: 環境が合えば、それほど手間はかかりません
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みますが、夏はできれば半日陰のほうがよいです
  • 水分量: やや乾燥した環境を好みます
  • 耐寒性: あまり強くありません。南関東以西の暖地なら、強い霜に当てなければ屋外でも冬を越せることもあります

イソトマの育て方

日当たりと水はけのよい場所を好みます。過湿が苦手なので、植える土に砂などを混ぜて排水をあらかじめよくしておきます。できれば雨の当たらない場所に置くと花が長持ちします。風通しのよい場所で育てれば丈夫でしっかりした株になります

  • 管理:間延びしたら切り戻します
  • 肥料:元肥に長期間効く緩効性肥料をしっかり効かせて、開花期は液肥を与えます
  • 病害虫:ほとんど発生しません

イソトマのアレンジ

優しげな姿はなんとなく和風の雰囲気をもっています。もちろん洋風の庭にも合います。寄せ植えには優しげで柔らかな感じを活かせるように使います。横に広がりやすいので、鉢の外周で使ったほうが持ち味を発揮します。地植えは水はけのよい条件のよい場所に植えます

イソトマの主な品種

花色違いの品種が出回っています

イソトマの個人的な印象

オススメ度:60%
涼し気な花が魅力的ですが、夏には開花が鈍るのが残念

コメント

  • 苗が安価に出回り、株も衰えやすいので、冬越しさせずに一年草扱いにするのが無難です

戻ります