本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

イオノプシディウム

戻ります

イオノプシディウムのデータ

花色:紫白
学名:Ionopsidium acaule
別名:バイオレットクレス
科名:アブラナ科
分類:秋まき一年草
原産地:ヨーロッパ
大きさ:背丈5〜10cm 横幅10〜20cm
主な見所:花(3〜5月)、香り(花)

イオノプシディウムの特徴

小さい株を覆うように、とても小さい花が咲きます。花は十字形で、環境により白〜紫色に変化します。それほど強くはありませんが香りがあります。葉もとても小さいです。初夏以降は間延び気味になって株がまとまりにくくなります

  • 難易度: 見た目以上に丈夫です
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みますが、半日陰にも耐えます
  • 水分量: 適湿を好みます
  • 耐寒性: 耐寒性は比較的強いですが、開花中は強い霜に当てないように

イオノプシディウムの育て方

とても繊細な姿の植物ですが、意外と強健で育てるのに手間は掛かりません。日当たりと水はけのよい土に植えます。半日陰でも育てられますが花つきが悪くなります。株が小さいので、他の植物の陰にならないようにします

  • 管理:基本的には放任でよいです。こぼれダネから発芽したら、ポットに移して育てれば来年も楽しめます
  • 肥料:元肥に緩効性肥料を少量与えるだけで十分。多肥にすると株が間延びします
  • 病害虫:発生は少ないですが、アブラムシや高温多湿期の根腐れに注意

イオノプシディウムのアレンジ

洋風の庭に合います。とても小さいので、花壇よりも寄せ植えで力を発揮します。人の目線に近い場所の植栽の前景で使うと小さな花がよくわかって効果的です。組み合わせも大型のコンテナやワイルドなものより、小さく繊細な鉢が向いています

イオノプシディウムの主な品種

これといった品種はないようです

イオノプシディウムの個人的な印象

オススメ度:60%
繊細な花なのでアレンジによって見栄えが違います

コメント

  • クレスとはカラシナ(芥子菜)類のことを指します

戻ります