本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

イカリソウ


戻ります

イカリソウのデータ

花色:赤紫白
学名:Epimedium
科名:メギ科
分類:夏緑性多年草(一部常緑種あり)
原産地:日本、東アジア、地中海沿岸他
大きさ:背丈20〜40cm 横幅25〜60cm
主な見所:花(4〜5月)

イカリソウの特徴

距が突き出し錨(イカリ)のような形の花を咲かせることから名がつきました。花色は薄紫、赤紫〜ピンク、薄黄色、白などです。花は葉の上部よりも下側にうつむき加減に咲かせるので派手さはなく楚々とした印象です。葉は複葉で、小葉は心臓〜狭心臓型。株は株立ち状になってこんもり横に広がります。たんにイカリソウといえばグランディフローラムを指しますが、黄花のキバナイカリソウや他種、地域変種、自然交雑種、改良交配品種もよく出回ります。そのため園芸ではイカリソウの仲間全体を指すことも多いです

  • 難易度: 丈夫です
  • 日照量: 春や秋は日当たりのよい場所を好みますが、半日陰でも育ちます。夏は遮光します
  • 水分量: 乾燥には少し弱いところがあります
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

イカリソウの育て方

落葉樹林の下のような半日〜半日陰程度の日射を好みます。春によく日が当たり、初夏以降は木漏れ日の当たるような環境が最適です。真夏の直射光はよくないので強く当たるようなら遮光します。土壌は肥よくな土を好みます。やや乾燥に弱いです。山野草として小鉢に植えることが多いですが、地植えのほうが楽で立派に育ちます

  • 管理:花が終わったら花茎ごと切り取ります。鉢植えの場合は2〜3年に一回程度株分けして植え替えます
  • 肥料:春と秋に緩効性肥料を与えます。鉢植えの場合は花後〜初夏に液肥を与えます
  • 病害虫:ほとんど発生しません

イカリソウのアレンジ

和風の庭に合います。地植えの場合は低〜中木の下草や和風・自然風の花壇の前〜中景によく合います。横に広がるので株間に余裕を持って植栽しましょう。派手な花と組み合わせても埋没しやすいので、落ち着いた雰囲気でまとめましょう。寄せ植えに使えなくはないですが、すぐ大きくなるため鉢植えに単植することが多いです

イカリソウの主な品種

様々な品種が出回っています。変種や交雑種も多く品種の同定は難しいです。できれば開花株で花色を確認して購入するのがよいでしょう


イカリソウ(E.grandiflorum)
たんにイカリソウといえば本種を指します。一般的に出回る種。赤紫花が多いですが薄黄花や白花などもあります。多くの交雑品種の交配親にもなっています



キバナイカリソウ(E.koreanum)
黄色花種。株は大型種が多いですが小型種もあります。花色は白に近い薄黄色のものから黄色みの強いものまで幅があります



トキワイカリソウ(E.sempervirens)
名前の通り常緑。白花種が多いですが薄紅花もあります



バイカイカリソウ(E.diphyllumb)
距のない小さめの梅のような花が咲きます。花色は白

イカリソウの個人的な印象

オススメ度:70%
丈夫で花もよく咲きます。目立つ花ではなく、楚々として自然な雰囲気の花なので、使いどころは間違いないようにしましょう

コメント

  • 交雑種が入り混じりややこいしいものの、育て方としてはだいたい同じと考えて問題ないようです(すべての種類を育てているわけではないのでなんとも言えませんが…)
  • 生薬としても有名です

戻ります