本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

エキザカム

戻ります

エキザカムのデータ

花色:青紫白
学名:Exacum affine
科名:リンドウ科
分類:常緑多年草あるいは一年草
原産地:西アジア(ソコトラ島)
大きさ:背丈10〜30cm 横幅15〜40cm
主な見所:花(6〜10月)※タネのまきどきにによって変化します

エキザカムの特徴

光沢のある小さな照葉を密集させ、よく枝分かれした茎の先に紫や白の小花を咲かせます。花は整った5弁の花びらをもち、中央の黄色い花芯がよく目立ちます。葉はツヤのある卵型で、やや硬質。株は自然にこんもりとまとまるので手間がかかりません。以前は鉢花として出回ることが多かったですが、ミニ観葉や寄せ植え用のポット苗でも出回るようになりました

  • 難易度: 真夏以外は丈夫です
  • 日照量: 日当たりで育てますが、真夏は半日陰に移動します
  • 水分量: 比較的乾燥気味の環境を好みます
  • 耐寒性: 一年草扱いが普通ですが、室内で10℃以上に気温を保てば冬越しもできます

エキザカムの育て方

初夏や秋は日当たりのよい場所に置きます。乾燥には強い方ですが、乾かせすぎはよくないので鉢植えの場合は水切れに注意します。土質は肥沃で水はけのよい酸性土を好みます。暑さには強いのですが、真夏の直射日光は強すぎるので遮光します

  • 管理:花がら摘みを行います。花全体が終わったら全体を切り戻して肥培すると、また花が楽しめます
  • 肥料:元肥に緩効性肥料を与えます。開花中は液肥を与えて疲労させないようにします 。切り戻し後に緩効性肥料を追肥します
  • 病害虫:ほとんど発生しません

エキザカムのアレンジ

洋風の庭に合います。単独でも見栄えはしますが、積極的に地植えにも使いたいです。地植えの場合は前景にして、一年草扱いにします。個性的でエキゾチックな姿をしているので、合わせる花は熱帯植物のほうが似合います

エキザカムの主な品種

白花種のほか、紫に近い花色と青に近い花色があります。また、八重咲き種や斑入り葉種もあります

エキザカムの個人的な印象

オススメ度:60%
小さな照葉と、小さな花のバランスがよいです。独特な雰囲気と、こんもりまとまり単独で楽しめる花なので、他の花との寄せ植えはやや不向きかもしれません

コメント

  • 多年草ですが、もともと短命なうえ、寒さにも弱いので一年草扱いされることが多いです
  • 原産地のソコトラ島は「インド洋のガラパゴス」といわれるほど固有種の多い島で、世界遺産となっています。現地では岩場や砂礫地に生えています

戻ります