本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

アラビス

戻ります

アラビスのデータ

花色:
学名:Arabis caucasica
科名:アブラナ科
分類:常緑多年草
原産地:地中海沿岸〜西アジア
大きさ:背丈15〜25cm 横幅25〜cm (ほふく性)
主な見所:花(3〜6月)

アラビスの特徴

アラビス属の花はいくつかありますが、園芸でアラビスといえば写真のコウカシカが出回っています。ひとめでアブラナ科とわかる形の白花を春に咲かせます。花はやや小さめで、花色は白以外にも赤紫などの花色があります。葉はヘラ状で葉縁にギザギザが入ります。株はロゼット状で小さいですが横に広がります。店頭に多く出回っている花ではありませんが、珍しいというほどではありません

  • 難易度: 比較的丈夫です
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みますが、夏はできれば半日陰のほうがよいです
  • 水分量: やや乾燥した環境を好みます
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

アラビスの育て方

涼しい時期は丈夫で育てやすい花。日当たりと水はけのよい、やや乾燥した場所が好みます。日本の高温多湿期は弱りやすいので、夏の間だけは半日陰の長雨の当たらない場所に移動したいです

  • 管理:花が枯れたら茎ごと切り取ります
  • 肥料:春と秋に長期間効き目のある緩効性肥料を与えます
  • 病害虫:ジメジメした場所ではナメクジの被害で花が食われやすいので注意

アラビスのアレンジ

洋風や自然風の庭に合います。横に広がり、背丈も低いので寄せ植えアレンジや花壇の前景に適しています。年を経るとかなり幅が出てくるので株間の調節が必要です。白花種は特にくせもないのでどのような花とも合わせられます。花期も比較的長いです

アラビスの主な品種

白花の他、ピンク花や斑入り葉など様々な品種があります。欧州ではポピュラーな花ですが、日本では流通量は少なめで白花種以外を探すのは難しいかもしれません

「スノーキャップ」:よく見かける白花種

アラビスの個人的な印象

オススメ度:70%
高温多湿には弱いものの育てやすい前景草で、もっと出回ってもよいと思います

コメント

  • スイートアリッサムよりも自然感を出したいときに使いやすいです

戻ります