本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

アニスヒソップ

戻ります

アニスヒソップのデータ

花色:
学名:Agastache foeniculum
科名:シソ科
分類:常緑多年草
原産地:北アメリカ
大きさ:背丈40〜100cm 横幅25〜80cm
主な見所:花(6〜9月)

アニスヒソップの特徴

葉に香料として知られるアニスに似た香りを持つハーブですが、花が美しいので花壇にもよく用いられています。花は赤紫や青紫、白の小花を穂状に咲かせます。花が咲き終わっても穂の部分が長く残るので観賞期間が長いです。対生する葉は緩い三角形で先端が尖り、縁に鋸歯があります。株は自然に根元から枝分かれして姿が整います。葉の色が日の当たり方によって変化し、日当たりがよいとやや黄色く、悪いと緑になります

  • 難易度: 丈夫な花です
  • 日照量: 日当たりのよい場所で育てますが、真夏は半日陰に移動したいです
  • 水分量: 乾燥には弱いところがあります
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

アニスヒソップの育て方

秋から初夏まではよく日に当たり、夏は明るい半日陰になる場所が適地です。肥沃な土を好み、強い乾燥は苦手です。水もちのよい土に植え乾かさないように管理すれば、夏に日差しの強い場所でも育ちますが葉色はやや薄くなります。日当たりが悪いと節目が長くなり観賞価値が落ちます

  • 管理:花がらは摘み取ります。放任でも自然と姿がまとまるので整姿する必要はありません
  • 肥料:春と秋に緩効性肥料を与えます
  • 病害虫:病害虫には強いですが、葉がバッタに食べられやすいです

アニスヒソップのアレンジ

洋風や自然風の庭に合います。ハーブガーデンだけでなく、ペレニアルガーデンにも積極的に使える花です。長期間花が咲き、花もちも優れているので使い勝手も悪くありません。日当たりが良すぎると葉がやや黄色みがかります。半日陰の場所の方が

アニスヒソップの主な品種

花色違いでいくつか品種があります。また花つきがよく美しい交雑品種が出回ります


「ブラックアダー」
交雑品種。花色はやや濃いめの青紫。丈夫で育てやすいです


カワミドリ(A.rugosa)
日本にも自生のある近縁種。花色は紫。葉色が黄緑色になる品種があります。育て方は同じで、やや湿った場所を好みます

アニスヒソップの個人的な印象

オススメ度:80%
育てやすいうえ、花も美しく花もちも良好。もっと使われてもよい花だと思います

コメント

  • セリ科のアニスに香りが似ていることからアニスヒソップの名があるそうです。アニスの香りといわれてもピンときませんが、ミントによく似た香りがします。また、名にヒソップとありますがヒソップとは遠縁の植物です
  • 単にアガスターシェと呼ばれる場合は、アニスヒソップやその改良品種だけでなく、その他のアガスターシェの仲間を指すことも多いです。オレンジ花のアウランティアカ(A.aurantiaca)などがポピュラー

戻ります